Downloads: 169

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
24_0067.pdf504.95 kBAdobe PDFView/Open
Title: PRIMARY RETICULUM CELL SARCOMA OF THE URETER : REPORT OF A CASE
Other Titles: 原発性尿管細網肉腫の1症例
Authors: Kusumi, Hiroaki
Author's alias: 楠見, 博明
Issue Date: Feb-1978
Publisher: 京都大学医学部泌尿器科学教室
Journal title: 泌尿器科紀要
Volume: 24
Issue: 2
Start page: 67
End page: 70
Abstract: 患者は48歳の主婦で主訴は右側腹部疝痛で,ちょうど初診の約1年前にも同様の痛みを覚えたことがあった。レ線および膀胱鏡検査では結石像はなく,右腎は水腎症を呈し,右尿管カテーテル挿入は3cmまでであった。膀胱粘膜は正常であった。1974年11月21日、右腎尿管全摘出術を施行した。病理所見は,原発性尿管細網肉腫であった。術後抗癌剤を使用せず3年が経過したが現在のところ転移の所見はない。
URI: http://hdl.handle.net/2433/122180
Appears in Collections:Vol.24 No.2

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.