Downloads: 174

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
24_0393.pdf556.44 kBAdobe PDFView/Open
Title: IN VITRO STUDY ON ESTROGEN-BINDING MACROMOLECULES IN CASTRATED RAT PROSTATE
Other Titles: ラット前立腺におけるエストロゲン結合物質の性状
Authors: Enomoto, Tomoo
Suda, Hirofumi
Seiki, Kanji
Haruki, Yasuo
Author's alias: 榎本, 知郎
須田, 博文
清木, 勘治
春木, 康男
Issue Date: May-1978
Publisher: 京都大学医学部泌尿器科学教室
Journal title: 泌尿器科紀要
Volume: 24
Issue: 5
Start page: 393
End page: 400
Abstract: 前立腺腫瘍の治療としてエストロゲン投与がおこなわれるが, その作用機序を明らかにする手始めとして,去勢ラット腹側前立腺の胞体可溶分画および核におけるエストロゲン結合物質の性状について検討を加えた。その結果,次の諸点が明らかとなった. (1)各臓器の胞体可溶分商を得た後,それに対する放射性エストラジオールー17βの結合を炭末吸着法によって検討すると,前立腺において最もよく結合し,続いて肝臓,腎臓,精巣,精嚢の順となり,骨格筋にはわずかしか結合しなかった. (2)前立腺可溶分画を放射性エストラジオールー17βのみ, あるいはそれに非放射性の各種ステロイドを加えてインキュペーションした後,ポリアクリルアミドゲル電気泳動法によって分析を加えると, エストロゲンに特異的に結合するものと,ステロイド特異性のないものの2種の物質が認められた。ともに血清タンパクの混入によるものではない。また炭末吸着法を用いたスキャッチヤード・プロット分析によって,結合部位数および解離定数を求めると,それぞれ9.3x10[-16]モル/mgタンパクKd=2.2 X 10[-11]M と計算された. (3)前立腺組織細片を放射性エストラジオールー17βを含む培養液でインキュベーションした場合でも,核抽出液および胞体可溶分画中に2種の結合物質が認められた. (4)放射性エストラジオールー17βとインキュベーションした組織から得た核と担体可溶分画に対して,薄層クロマトグラフィーによってステロイド分析をおこなうと,胞体可溶分画においては, エストラジオールー17βの多くがエストロンに変換されているが,核においてはその多くがエストラジオールー17βのままで寄在することが明らかになった。これらの結果は,去勢ラットの腹側前立腺に,結合部位数が少なくエストロゲンに親和性の高い高分子物質の存在を強く示唆している。
Polyacrylamide gel electrophoresis, dextran-coated charcoal adsorption, Sephadex gel filtration and thin-layer chromatography allowed us to attempt the characterization of estrogen-binding components in the castrated rat prostate. The results are as follows: 1) Among various tissue cytosols examined, the ventral prostate cytosol showed the highest binding of 3H-estradiol-17β, followed by the cytosols of the liver, kidney, testis, seminal vesicle and skeletal muscle. 2) After incubation of the ventral prostate cytosol with [3]H-estradiol-17βin the absence or the presence of various unlabeled steroids, a specific estrogen-binding material was found with low binding capacity and high affinity for this hormone. This binding was found not due to the contamination of blood serum proteins. 3) After incubation of the ventral prostate with [3]H-estradiol-17β, estrogen-binding material was also found both in the cytosol and in the nucleus of the tissue. 4) Using the thin-layer chromatographic technique it was found that estrone and estradiol-1 7βoccupied most of the radioactivity in various subcellular fractions obtained from the ventral prostate incubated with 3H-estradiol-17β, and the ratio of estradiol: estrone was highest in the nucleus, followed by the binding component of the cytosol and the cytosol. These results may suggest that there is a specific low capacity-high affinity estrogenbinding component in the adult rat prostate.
URI: http://hdl.handle.net/2433/122211
Appears in Collections:Vol.24 No.5

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.