Downloads: 207

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
25_0609.pdf543.5 kBAdobe PDFView/Open
Title: DIFFUSE INTERSTITIAL PULMONARY CALCIFICATION IN UREMIA: REPORT OF A CASE
Other Titles: 肺に広範なCa沈着をきたした1症例
Authors: Sawanishi, Kenji
Daijyo, Kazuyuki
Tomoyoshi, Tadao
Hosokawa, Shinichi
Okabe, Tatsushirou
Kawamura, Juichi
Matsuo, Mitsuo
Tanaka, Yoshihiro
Takeda, Michiko
Author's alias: 沢西, 謙次
大上, 和行
友吉, 唯夫
細川, 進一
岡部, 達士郎
川村, 寿一
松尾, 光雄
田辺, 賀啓
武田, 道子
Issue Date: Jun-1979
Publisher: 京都大学医学部泌尿器科学教室
Journal title: 泌尿器科紀要
Volume: 25
Issue: 6
Start page: 609
End page: 613
Abstract: 長期血液透析療法の合併症の1つにCa代謝異常があり,腎性骨異栄養症とよばれる骨軟化症,線維性骨炎,骨多孔症と転移性石灰化がみられたりする。この転移性石灰化は骨や関節内および周囲組織にかぎらず, 動脈,角膜,心,腎,肝,胃粘膜などの軟部組織にも起りうる。今回頑固な咳敗を主訴とした26歳の男子透析患者に,99mTc-polyphosphate をつかつて全身のシンチグラフィを行なったところ,肺実質部で一様な高度の99mTc-polyphosphateのとりこみがみられた.胸部X線像に注意すると気管支幹,末梢気管支,さらに肺胞部にも点状石灰化病変が広範にみられ,これが頑固な咳嗽の原因となったと考えられた. 血清Ca,P濃度をふりかえって調べたところ血清Ca値は10.4-9.3mg %と正常値であったが,血清P値は10.5-9.8mg% と上昇していたことが判明した.直ちにアルミゲル3.0g,3 x 分の経口投与を開始したところCa値は1l.4-10.2 mg%と僅かに上昇したが, p値は4.4-3.0mg % と著明に正常化し, 投与開始後2カ月で咳歎も消失し左手関節周囲の疾痛,腫張も消失した。その後経過をみてきたが,肺実質部の点状石灰化陰影大幅に消失改善し, 1975年9月には正常男子の出生をえて1978年9月現在,週3回の血液透析で元気に社会復帰している1症例を報告し文献的検討を行なった。
Recent progress in the treatment of chronic renal failure such as hemodialysis and renal transplantation have made the longer survival and rehabilitation of the patients possible. On the other hand, various complications have become the matter of problem in which metabolic disorder is one of the importants. Here reported is a case of diffuse interstitial pulmonary metastatic calcification.
URI: http://hdl.handle.net/2433/122446
Appears in Collections:Vol.25 No.6

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.