Access count of this item: 47

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
a47b0t60.pdf1.31 MBAdobe PDFView/Open
Title: 山崎断層周辺の地震活動
Other Titles: Seismicity around the Yamasaki Fault
Authors: 中尾, 節郎  KAKEN_name
澁谷, 拓郎  kyouindb  KAKEN_id
片尾, 浩  kyouindb  KAKEN_id
Author's alias: NAKAO, Setsuro
SHIBUTANI, Takuo
KATAO, Hiroshi
Keywords: 山崎断層
播磨の地震
b値
地震活動
時空間分布
The Yamasaki fault
Harima earthquake
b value
seismicity
space-time distribution
Issue Date: 1-Apr-2004
Publisher: 京都大学防災研究所
Journal title: 京都大学防災研究所年報. B = Disaster Prevention Research Institute Annuals. B
Volume: 47
Issue: B
Start page: 713
End page: 720
Abstract: 最近、西日本においてM7クラスの地震を含む大・中規模が発生し、地震活動が活発化している。西日本内帯における代表的な活断層である山崎断層は、播磨の地震(M7クラス)の地震以後1100年以上M7クラスの地震が発生していないことに注目し、山陰地方および山崎断層における地震活動との関連を調べ、現在までの地震活動を時空間的に把握することを目的として解析をした。中国地方東部から近畿地方北部におけるM≧4.0の地震活動は、5~6年周期で繰り返して発生する傾向がみえる。また、M≧5.0の地震発生前後における地震活動は、発生前の地震活動の低下や発生後の移動、誘発、周辺領域での活発化および低下などの現象がみられることが分かった。山崎断層における地震活動は、2001年以後南東側の領域において、南東方向へ地震活動の移動がみられ、活発な地震活動として注目している。
Recently, several large and middle earthquakes were occurred, and seismicity became active in southwesternJapan. The Yamasaki fault system is typical in-land active fault in southwestern Japan. The last large earthquakearound the Yamasaki fault occurred more than 1100 years ago.We investigated the seismicity along the Yamasaki fault, and its surrounding areas. Seismic activity of theseareas shows periodicity of 5-6 years. Much seismic quiescence induced activation, migration were observedbefore/after large earthquakes (M>5). After 2001, active area along the Yamasaki fault migrated toward southeastdirection.
URL: http://www.dpri.kyoto-u.ac.jp/nenpo/nenpo.html
URI: http://hdl.handle.net/2433/129201
Appears in Collections:No.47 B

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.