Access count of this item: 1210

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
98_143.pdf20.32 MBAdobe PDFView/Open
Title: 近代山王祭りの原点--官幣大社日吉神社史の一齣
Other Titles: The origins of the Sanno festival: on the modern history of the great state shrine Hie
Authors: ブリーン, ジョン  KAKEN_name
Author's alias: Breen, John
Keywords: 日吉
山王
祭り
大山昨
被差別
Issue Date: 30-Dec-2009
Publisher: 京都大學人文科學研究所
Journal title: 人文學報 = The Zinbun Gakuhō : Journal of Humanities
Volume: 98
Start page: 143
End page: 175
Abstract: 本稿は,日吉大社の山王祭りを課題にするもので,その歴史的原点を明らかにすることを目的とする。原始的とも,古代的とも言われている山王祭りがはたして,いつ,どのようにして形成されてきたかを実証的に吟味する。山王祭りの研究が存在しない訳ではもちろんない。景山春樹の「日吉社の神体山信仰」は古典的な論文で,その影響の下で書かれた研究も相当ある。 しかし山王祭りを原始的,古代的と位置づけるこれらの研究は,方法論的に問題があり,実証性に欠けて,情緒的にアプローチした箇所も伺え,我々は従ってその定説となっている結論を更に吟味する必要がある。筆者は,お祭りが常に自らを再生産し,再創出するもので,同時に自らの起源を隠して,それを遠い過去,神話の時代に置こうとする性格のものだ,という自覚をもって,山王祭りの原点を探ることにする。なお,本研究は,筆者の2008年のブイールドワークおよび近世,近代の歴史史料の実証的考察をそのベースとする。
The critical focus of this article is the Sanno festival of the Hiyoshi taisha in Shiga prefecture, It is an academic exploration of the festival's historical origins, It takes issue with the established view that the festival, as it is performed today, is an archetype and that it exhibits pre-historical origins, The research that has delivered this verdict is methodically flawed, and needs to be critically re-examined. This article begins from the position that all festivals reproduce themselves and reinvent themselves, even as they seek to locate their origins in the most distant past. The research on which this article is based is a combination of fieldwork and analysis of historical resources.
DOI: 10.14989/134784
URI: http://hdl.handle.net/2433/134784
Appears in Collections:第98号

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.