Access count of this item: 403

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
NUL_Koga11.pdf864.36 kBAdobe PDFView/Open
Title: 京都大学附属図書館研究開発室の活動について
Other Titles: Research and Development Laboratory, Kyoto University Library: Its Activities, Accomplishments and Challenges
Authors: 古賀, 崇  KAKEN_name
Author's alias: Koga, Takashi
Keywords: Research and Development at University Libraries
大学図書館での研究開発
Kyoto University
京都大学
Institutional Repository
機関リポジトリ
Information Literacy
情報リテラシー
Preservation and Conservation
資料保存
Information System of Libraries
図書館の情報システム
Issue Date: 31-Mar-2011
Publisher: 名古屋大学附属図書館研究開発室
Journal title: 名古屋大学附属図書館研究年報
Volume: 9
Start page: 13
End page: 20
Abstract: 京都大学附属図書館研究開発室は、館内の調査研究室(1985年4月設置)を 改組し、1996年4月に発足した。2009年1月からは初めての専任教員として筆者が 着任し、研究開発活動の一層の充実を図っている。2009年度は、当研究開発室は 活動領域として(1)機関リポジトリ、(2)情報リテラシー教育・講習、(3)資料保存、 (4)情報システム、の4つを掲げ研究開発活動に取り組んできた。本稿はこれらの 活動を紹介し、今後の課題にも触れる。
The Kyoto University Library established its Research and Development Laboratory (R&D Lab) in April 1996 by reorganizing the Library's Research Room established in April 1985. In January 2009, Prof. Takashi Koga became the R&D Lab's first full-time member in order to further the Lab's activities. Items on the Lab's agenda for FY 2009 were: the University's institutional repository (KURENAI), information literacy education and instruction, preservation and conservation of the library's collections, and the library's information system. In this article, the R&D Lab's activities as well as its future challenges are explained.
Description: 【訂正】注10)に“2011年2月末時点で、収録論文数は9万件を突破している。”とありますが、正しくは“2011年5月末時点”となります。訂正の上、お詫び申し上げます。
Rights: Copyright: Takashi Koga.
URI: http://hdl.handle.net/2433/139495
Appears in Collections:Journal Articles

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.