Downloads: 22679

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
100_145.pdf3.92 MBAdobe PDFView/Open
Title: チンパンジーとヒトの共通点・相違点 : 社会的知性を中心に
Other Titles: Similarities and Differences between Chimpanzees and Humans in Social Intelligence and Other Aspects
Authors: 山本, 真也  KAKEN_name
Author's alias: Yamamoto, Shinya
Keywords: チンパンジー
進化
ヒ卜との共通点と相違点
比較認知科学
社会的知性
Issue Date: Mar-2011
Publisher: 京都大學人文科學研究所
Journal title: 人文學報
Volume: 100
Start page: 145
End page: 160
Abstract: チンパンジーはヒ卜に最も近縁な進化の隣人である。生物学的にも「ヒト科チンパンジー」と分類される。筆者は,このようなチンパンジーとヒトを比較することにより. 「こころ」の進化について明らかにすることを目指してきた。本論文では,比較認知科学研究者の立場からこれまでの研究を概観し,チンパンジーとヒトの共通点と相違点について論じてみたい。長い間ヒトに特有と考えられてきた行動や特性の多くはチンパンジーでもみられることが明らかとなってきた。道具使用や文化の存在などである。社会的知性にかんしても同様である。たとえば利他行動では,自分には即時的な利益がなくても,チンパンジーが同種他個体の手助けをすることが実証的に示された。しかし,ヒ卜との違いも指摘されている。ヒ卜では他人が困っているのを見ると自発的に助けようとする心理が働くこともあるが,チンパンジーではこの自発的な手助けが稀だった。相手の要求に応じて手助けする。これがチンパンジーの特徴だと言えるかもしれない。チンパンジーとヒ卜でこのような違いがみられる理由に,それぞれの社会や生息環境の違いがあげられる。それぞれの種がそれぞれの環境に適応して進化してきた。その種にみられない知性や能力は,たんにその種にとって不必要だっただけかもしれない。主に植物性食物を食べるチンパンジーは,基本的に自分の食べ物は自分ひとりで確保することができる。それに対し,動物性食物に頼るようになったヒトでは,協力して狩りをし,獲物を分配する必要があったと考えられる。このような違いが手助け行動の自発性の違いにも表れているのではないだろうか。どちらが優でどちらが劣だという問題ではない。種を比較することで,それぞれの特徴を浮き彫りにする。その結果,自己および他者のアイデンティティーを尊重することにつながればと願っている。
The chimpanzee (Pan troglodytes), one of our closest living relatives, can be biologically categorized in a taxonomic family, Hominidae (anglicized hominid), together with Homo sapiens and the other great apes. There have been many studies investigating the evolution of the mind by comparing chimpanzees with human beings. In this article, I will discuss the similarities and differences between the two species from the perspective of comparative cognitive science. Recent studies have revealed that chimpanzees demonstrate similar behavioral and cognitive properties, such as tool- use, culture, and sophisticated social intelligence previously considered unique to human beings. Like human beings, chimpanzees are also known to show altruistic traits, such as helping others among their species without any direct benefit to themselves. Yet, several differences between the two species have also been brought to light: e. g. chimpanzees help others upon request, but not voluntarily. Such differences might be due to those in the two species' social and/ or ecological environments, with each evolving in accordance with its surroundings, and acquiring the essential behavioral and cognitive properties for survival. We cannot say which species is superior. Instead, we can characterize through comparison, and as a result, solicit respect for our own and other species' identities.
DOI: 10.14989/148029
URI: http://hdl.handle.net/2433/148029
Appears in Collections:第100号 <特集 : 差異の表象>

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.