Access count of this item: 89

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
KJ00006912619.pdf148.96 kBAdobe PDFView/Open
Title: タンパク質ダイナミクスを実時間で観る(分科会B,第50回生物物理若手の会夏の学校,研究会報告)
Authors: 水谷, 泰久  KAKEN_name
Author's alias: Mizutani, Yasuhisa
Issue Date: 5-Jan-2011
Publisher: 物性研究刊行会
Journal title: 物性研究
Volume: 95
Issue: 4-5
Start page: 523
End page: 524
Abstract: 近年、タンパク質が機能する過程を実時間で観測し、そこから機能発現機構を解明する研究が進んでいる。振動分光法は、高い時間分解能と振動数分解能を併せ持つという点で、機能する際に起きる構造変化の観測に有効である。講演では、時間分解共鳴ラマン分光法を中心に、時間分解分光法によるタンパク質ダイナミクスの研究を紹介する。
Description: この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
URI: http://hdl.handle.net/2433/169398
Appears in Collections:Vol.95 No.4-5

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.