このアイテムのアクセス数: 1112

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
nextcom_16_15.pdf636.82 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 通信の秘密の憲法解釈論
著者: 曽我部, 真裕 researcher_resolver_name
著者名の別形: Sogabe, Masahiro
キーワード: 通信の秘密
通信の自由
表現の自由
国家の通信制度設営義務
憲法
発行日: 1-Dec-2013
出版者: KDDI総研
誌名: Nextcom
号: 16
開始ページ: 15
終了ページ: 23
抄録: 本稿は、従来の学説と近年の批判論を踏まえ、通信の秘密条項(憲法21条2項)の解釈論を試みる。従来の解釈論は通信事業が国営であることを前提としたものであるが、民営化・自由化後の今日では、民間事業者に憲法の拘束は及ばず、民間事業者の義務は憲法の趣旨等を踏まえた法律によって創設されたものと位置づけられる。他方、国家に対する憲法的な要請としては、通信の秘密を侵害しないという不作為義務が中心であり、近時主張されている通信制度の設営義務といった広汎な作為義務を憲法から引き出すことには慎重であるべきである。
著作権等: © 2013 KDDI RESEARCH INSTITUTE
URI: http://hdl.handle.net/2433/179540
出現コレクション:学術雑誌掲載論文等

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。