このアイテムのアクセス数: 142

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
kulr31_025.pdf10.55 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: ルイ祖語の再構にむけて
その他のタイトル: Towards a reconstruction of Proto-Luish
著者: 藤原, 敬介  kyouindb  KAKEN_id
著者名の別形: Huziwara, Keisuke
発行日: 25-Dec-2012
出版者: 京都大学大学院文学研究科言語学研究室
誌名: 京都大学言語学研究
巻: 31
開始ページ: 25
終了ページ: 131
抄録: 本稿ではチベット・ビルマ語派ルイ語群に属するチャック語、カドゥー語、ガナン語について、これらの言語に共通するルイ祖語(Proto-Luish:PL)を再構することをこころみた。再構にあたっては、上記三言語のほかに、アンドロ語やセンマイ語、ジンポー語、チベット・ビルマ祖語の形式も適宜参照した。調査の結果、以下の内容があきらかとなった。・PLにおける主要な頭子音としては*p,*ph,*t,*th,*c,*k,*kh,*s,*h,*m,*n, *η,*1,*r,*w,*yをあげることができる。・対応例がすくないけれども、*khy,*b,*d,*j,*dも頭子音として再構しうる。・PLにおける主要な母音としては、開音節においては、*a,*i,*uをあげることができる。・対応例にふたしかな部分があるけれども、*ay,*aw,*iy,*e,*ey,*uy,*uw,*o,*oy,*owも再構しうる。・PLにおける主要な母音としては、閉音節においては、*ap,*at,*ak,*ip,*it,*ik,*up,*ut,*uk,*op,*ot,*ok,*am,*an,*aη,*im,*en,*iU,*um,*un,*uU,*ar,*irをあげることができる。・対応例にふたしかな部分があるけれども、*ek,*in,*eη,*on,*oη,*al,*el,*olも再構しうる。・声調は、高声調と低声調の二種類を再構できる。
DOI: 10.14989/182194
URI: http://hdl.handle.net/2433/182194
出現コレクション:31号

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。