Access count of this item: 105

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
K.E.P_2012_021.pdf3.96 MBAdobe PDFView/Open
Title: Knowledge among Nanyang Chinese and the Role of Newspapers
Other Titles: 报纸等南华侨:围绕着"知识"的问题
南洋華僑における知識と華字紙の役割について
Authors: SAKURADA, Ryoko
Author's alias: 櫻田, 涼子
Issue Date: 21-Jan-2013
Publisher: 京都大学大学院文学研究科
Journal title: 2012年度 京都大学・南京大学社会人類学若手研究者共同ワークショップ報告論文集 = 2012年度 南京大学-京都大学社会学人类学研究生论坛报告书 = The Proceeding of Nanjing University-Kyoto University Sociology and Anthropology Workshop, 2012
Start page: 21
End page: 26
Abstract: ビルマ出身の華僑である胡文虎と胡文豹の兄弟は、父から引き継いだラングーンの漢方薬行「永安堂」の製品の販売で財をなし、東南アジア一帯でビジネスを展開した。後に移り住んだシンガポールにおいて工場を設立した一方、華字紙『星洲日報』を1929年に創刊した。本稿は『星洲日報』創刊時の記事や広告、論調を概観することにより、英領マラヤとシンガポールの南洋華僑の間で、どのような中国イメージが形成されたかについての検討を試みた。また『星洲日報』の創刊は、東南アジア一帯で展開された胡兄弟の経営をさらに発展させる製品広告の掲載を目的としていたと同時に、経済的成功をおさめた胡文虎にとって新聞事業とは、労働階級を中心とした南洋華僑の知識を引き上げ啓蒙する社会事業の一環であったことを指摘した。
URI: http://hdl.handle.net/2433/186319
Appears in Collections:2012年度

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.