Access count of this item: 386

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
K.E.P_2013_022.pdf4.8 MBAdobe PDFView/Open
Full metadata record
DC FieldValueLanguage
dc.contributor.author中山, 大将ja
dc.contributor.alternativeNAKAYAMA, Taishoja
dc.contributor.transcriptionナカヤマ, タイショウja
dc.date.accessioned2014-04-30T02:03:24Z-
dc.date.available2014-04-30T02:03:24Z-
dc.date.issued2014-03-31ja
dc.identifier.urihttp://hdl.handle.net/2433/186343-
dc.description.abstract本ワークショップは、2010年の京都エラスムス計画から続く京大と南京大の若手研究者の交流である。本報告では、本ワークショップまでの道のりと、報告者が京都大学文学研究科GCOE研究員として参加したエラスムス計画による中国共同調査で得られた知見についてまず述べる。次に報告者が京都大学文学研究科GCOE研究員として始めた「サハリン残留日本人」研究の現在を解説する。報告者の調査によれば、約1, 400人の日本人がその時点で、サハリン島に存在していた。彼らは何者だったのだろうか。また、冷戦後に民間人によって始められたこれらサハリン残留日本人の帰還運動に対して、日本政府はなぜ「サハリン残留日本人など存在しない」と言い放ったのだろうか。本報告ではこれらの問いに答えるために、日本政府の公文書や各種団体の資料およびサハリン残留日本人へのインタビューを用いる。ja
dc.format.mimetypeapplication/pdfja
dc.language.isojpnja
dc.publisher京都大学アジア研究教育ユニットja
dc.publisher.alternativeKyoto University Asian Studies Unitja
dc.title残留日本人とは誰か : 北東アジアにおける境界と家族ja
dc.type.niitypeArticleja
dc.identifier.jtitle2013年度京都大学南京大学社会学人類学若手ワークショップ報告論文集 :<京都エラスムス計画>から生まれたもの = 2013年度 南京大学京都大学社会学人类学研究生论坛报告书 = The Proceeding of Kyoto University-Nanjing University Sociology and Anthropology Workshop, 2013ja
dc.identifier.spage22ja
dc.identifier.epage27ja
dc.textversionpublisherja
dc.sortkey05ja
dc.address北海道大学スラブ研究センター・日本学術振興会特別研究員PDja
Appears in Collections:2013年度

Show simple item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.