このアイテムのアクセス数: 1443

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
ROMAHOPEDIA_II.pdf2.83 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: ROMAHOPEDIA (PARS SECUNDA)
その他のタイトル: ローマ法便覧 (第二部)
著者: 柴田, 光蔵  KAKEN_name
著者名の別形: Shibata, Mitsuzo
発行日: 30-Jun-2014
目次: はじめに
<1>誰も悪い人とは推定されない
<1>(A)無罪推定をめぐって
<1>(B)冤罪痴漢をめぐって
<2>自白は証拠の王
<2>(A)自白の評価
<2>(B)自白の周辺
<3>非理法権天
<4>最高の正は最高の不正
<5>悪法も法なり
<6>目には目を、歯には歯を
<7>暴力を暴力で退けることは、許される
<8>弱きもの、汝の名は女なり
<9>平和の法と同じように、戦争の法もある
<10>天声人語
<11>人の中によりも、物の中に、いっそう多くの担保がある
<12>もう一方の側も聴かれるよう
<13>商人には、互いに欺くことが、許される
<14>自身の権利を用いる人は、誰も、悪意を持って行動するものとは見られない
<15>決定されたことに従い、また、落ちついたものを動かさないこと
<16>裁判官は物言う法律である
<17>このことは、何ら、私たちに関係せず、キケローに関係する
<18>行なわないことも、行なうことである
<19>無「責任」の世界
<20>過失がなければ、賠償はない
<21>法律がなければ、犯罪はない。 法律がなければ、刑罰はない。
<22>慣習はもう一つの法律である
<23>刑事訴訟は民事訴訟の先決には成らない
<24>形式はものに存在を与える
<25>法は善および衡平の術である
<26>法学は、神事および人事の知識であり、正と不正の識別である
<27>時においていっそう早ければ、権利においていっそう強い
<28>同棲ではなく、合意が、婚姻を作る
<29>誰も、自身の持っているよりも多くの権利を、他人に移転することは出来ない
<30>組合の契約の中には、信義が溢れている
<31>社会があるところに、法がある
<32>市民法(ローマ法)における定義は、すべて、危険である
<33>シュルスのタテマエ論・ホンネ論(I)
<34>シュルスのタテマエ論・ホンネ論(II)
<35>シュルスのタテマエ論・ホンネ論(III)
<36>シュルスのタテマエ論・ホンネ論(IV)
<37>擬制は、真実に反するが、しかし、真実と扱われる
<38>『二』と『三』と『四』の話
<39>分別して、統治せよ
<40>利息は、自然に由来するのではなくて、法によって、得られる
<41>委任は、無償のものでない限り、何ら存在しない
<42>誠意は、同一のことが再度請求されることを、許さない
<43>疑問のある場合には、被告人に有利に(判断されるべきである)
<44>合意は守られるべきである
<45>否認する者にではなく、立証する者に、証明が掛る
<46>自然債務は残存する。そして、それにより、弁済されたものは、返還請求されることは出来ない。
<47>言葉遊びの法格言
<48>国際的な法関係
<49>格差問題(大と小・多と少・上と下・主と従)
<50>ローマ法における衡平・イギリス法における衡平
<51>ローマ法のバランス感覚・イギリス法のバランス感覚
<52>国家の関心
<53>対比論(少数と多数・一般と特別・文言 = 表示と意思 = 意図・例外と原則・前と後・公と私)
特別版<I>三大重要事件などの総括--「足利事件」、「郵政不正事件」、「東電OL殺人事件」、「袴田事件」(再審過程のもの)をめぐって
[I]「足利事件」について
[II]「郵便不正事件」について
[III]「東電OL殺人事件」について
[IV]袴田事件」(再審段階のもの)について
特別版 <II>「合意は守られるべきである(パクタ スント セルワンダ)」論の周辺
はしがき
(A)政治世界における約束
(B)法の世界における「パクタ スント セルワンダ」論--概論
(C)約束の原点
(D)約束をめぐる世界のことわざ
(E)授業料・入学金返還問題
(F)賃貸借における「敷引き」返還問題、及び、テニスクラブの「入会金」返還問題
(G)利息制限
(H)生命保険の予定利率引下げ問題
(I)「パクタ スント セルワンダ」原則の資料的系譜
(J)約束をめぐる責任
(K)「パクタ スント セルワンダ」論に関係する世界の法格言
(L)法律を守ること
(M)交通問題における約束ごと
(N)総括
特別版 <III>終末期医療をめぐって
序論
本論: 同意の深層--射水市民病院(富山市)における終末期医療事案を手がかりとして
(A)事件の発端
(B)同意の諸相
(C)尊厳死への取組
(D)古代ローマにおける医療
URI: http://hdl.handle.net/2433/188828
関連リンク: http://hdl.handle.net/2433/175506
http://hdl.handle.net/2433/191016
http://hdl.handle.net/2433/196743
http://hdl.handle.net/2433/230845
出現コレクション:柴田 光蔵

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。