このアイテムのアクセス数: 508

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
103_127.pdf1.1 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 19世紀初頭におけるグリモによる「グルマン」再定義の試み : 新興富裕層の野卑と貴族的洗練のあいだ
その他のタイトル: L'essai de red?finir la notion du 《Gourmand》 par Grimod au d?but du XIXe si?cle: Entre la voracit? des nouveaux riches et le raffinement des aristocrates
著者: 橋本, 周子  KAKEN_name
著者名の別形: Hashimoto, C
キーワード: グリモ
美食
フランス革命
Grimod
gourmandise
la R?volution Fran?aise
発行日: 25-Mar-2013
出版者: 京都大學人文科學研究所
誌名: 人文學報 = The Zinbun Gakuhō : Journal of Humanities
巻: 103
開始ページ: 127
終了ページ: 147
抄録: 本稿は19世紀初頭の美食家グリモ・ド・ラ・レニエール Grimod de la Reyni?re による「グルマン」概念再定義の試みが持つ意味を,語義の変遷を中心に,社会の変化と照らし合わせながら考察する。そもそも「大食」と同義の悪徳でしかなかった「グルマンディーズ」は,18世紀を通じて次第に「大食」のみならず「洗練」の要素も含むようになっていた。この変化を引き継ぎながら,グリモは新たな「グルマン」観を示す。フランス革命の一連の混乱がやや落ち着きを見せた19世紀初頭,グリモは著作『グルマン年鑑 Almanach des Gourmands』で「グルマン」の語は以前よりもずっと「高尚な意味」を持つようになったと宣言している。しかし「グルマン」を「高尚な意味」に引き上げるためには,その構成要素である「大食」,そして「洗練」さえもが含みうる,当時の特殊な社会状況においては否定的にとられかねないニュアンスをあらかじめ除去しておくことが必要であった。「グルマン」が含む「大食」は食産業が急速に発展する当時の社会で,さかんに飲み食いする姿を曝していた新興富裕層の野卑・貪欲さを想起させる。とはいえその貪欲な食欲は食産業発展のために不可欠の動力であることも事実であった。そこで彼らの野卑なイメージをいましめ,「グルマン」としての自覚を持たせるために,グリモは「グルマン」が18世紀に帯びつつあった「洗練」の要素を強調しようとする。だがその際,繊細な食べ手を表す「フリアン」の語との違いを示すことに努めている。というのも,「フリアンディーズ」が含む「洗練」は,かつて貴族的社会におけるエリートのしるしとして機能し,さらには女性的・軟弱な食べ手を想像させたのであり,もはや貴族的属性が価値を持たない革命後の社会においてこのイメージを前面に押し出すことは単なる反動・懐古趣味としかなりえないからであった。グリモにおける「グルマン」とは飽くことのない男性的な食欲を持ちつつも,確かな鑑識眼を持つ,新時代のエリートにふさわしい「高尚な」性質を持つものとして定義されている。
Cet article consid?re l'essaie de la red?finition de la notion de ? Gourmand ? par Grimod de la Reyni?re, gastronome au d?but du XIXe si?cle, ? travers principalement le changement des sens des mots et aussi la transformation sociale. La notion de ? gourmandise ?, qui n'avait ?t? fondamentalement qu'un vice ?vident ?quivalent ? la gloutonnerie, commen?ait ? acqu?rir l'?l?ment du raffinement tout au long du XVIIIe si?cle. En succ?dant cette id?e, Grimod propose une notion nouvelle de ? Gourmand ?. Dans son Almanach des Gourmands, publi? au d?but du XIXe si?cle, il d?clare que le mot ? Gourmand ? a acquis une acception nouvelle, beaucoup plus ? noble ? qu'avant. Cependant, pour ?lever le sens du mot ?gourmand? pour aboutir au sens ? noble ?, il a fallu en enlever les nuances n?gatives que chaque ?l?ment du ? gourmand ?, gloutonnerie et raffinement, pouvaient faire sentir dans la situation particuli?re de cette ?poque-l?. L'?l?ment de la gloutonnerie contenu dans la notion du gourmand ?voque directement la vulgarit? et la voracit? des nouveaux riches dans la soci?t? napol?onienne, dans laquelle l'industrie alimentaire s'est d?velopp?e rapidement. Toutefois, cette avidit? des nouveaux mangeurs ?tait indispensable pour le d?veloppement durable de cette industrie. C'est ainsi que Grimod essaie d'insister surtout l'?l?ment du raffinement que la notion du gourmand avait commenc? ? obtenir dans le si?cle pr?c?dant. Il a d? cependant bien expliquer la diff?rence entre ? gourmand ? et ? friand ?, ceci signifiait un mangeur d?licat. Le raffinement compris dans la notion de ? friandise ? ?tait d'abord une marque sociale dans la soci?t? aristocratique et ensuite se sentait un mangeur f?minin ou trop d?licat, c'est-?-dire un attribut p?rim? dans la soci?t? post-r?volutionnaire.
DOI: 10.14989/189481
URI: http://hdl.handle.net/2433/189481
出現コレクション:第103号

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。