Downloads: 751

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
frk_040_111.pdf630.74 kBAdobe PDFView/Open
Title: 陽光量と樹木の生育に関する研究 (III) : 針葉樹苗木の生育におよぼす被陰の影響
Other Titles: Ecological Studies on the Influence of Light Intensity upon the Growth and Development of Forest Trees (III) : Effects of Shading on the Growth of Some Coniferous Seedlings
Authors: 川那辺, 三郎  KAKEN_name
四手井, 綱英  KAKEN_name
Author's alias: Kawanabe, Saburo
Shidei, Tsunahide
Issue Date: 25-Nov-1968
Publisher: 京都大学農学部附属演習林
Journal title: 京都大学農学部演習林報告
Volume: 40
Start page: 111
End page: 121
Abstract: 満1年生の針葉樹の苗木 (アカマツ, クロマツ, スギ, ヒノキ) を用いて小型の林分をつくり, サランネットを重ねて減光の度合を変えた被陰ネットで試験区をおおい, 被陰処理を行なった。3月に植栽して, 同年4月に被陰処理を行ない, 翌年10月に苗木を掘取って各部分の重量を測定し, もとめた処理中の乾重生長量をもとに, 各樹種の生育状態の比較を行なった。被陰処理によって葉の陰葉化がおこり, 被陰が強くなるにしたがい, 単位葉重量あたりの葉面積が増加する。この増加する割合は, スギ, ヒノキが, アカマツ, クロマツに比べて大きい。個体あたりの葉面積は, アカマツ, クロマツでは被陰が強くなるにしたがい少なくなる。スギ, ヒノキでは, ある程度被陰した方が対照区 (相対照度100%) より多くなるが, さらに被陰を強くすると, その値は小さくなる。アカマツ, クロマツの各部分の重量生長率は, 被陰によって低下するが, その低下の割合の, 各部分による違いは少ない。スギ, ヒノキでは, 地上部重の生長率は相対照度約30%まで, 対照区との差が少ないが, さらに被陰が強くなると, 急速に低下する。これに対して, 地下部重の生長率は, 被陰が強くなるにしたがって低下する。単位葉面積あたりの純生産量は, 4樹種とも, 被陰によって減少する。その変化は相対照度の対数値にたいして, ほぼ直線で近似できる。個体重あたりの葉面積は, 被陰の度合が強くなるにしたがって増加するが, アカマツ, クロマツでは一定の限界があって, 被陰がそれより強くなっても増加しなくなる。スギ, ヒノキでは, この値は最も被陰の強い相対照度10%区まで, 相対照度の対数値に, 直線の関係で増加する。これらの関係からもとめた最適相対照度の推定値は, ヒノキ, スギ, アカマツ, クロマツの順に大きく, 個体の補償点の推定値は, クロマツ, アカマツ, スギ, ヒノキの順に小さい。この順位は, 主に経験的にしめされた樹種の陰陽の順序によく一致するようである。
The effects of shading on the growth of four coniferous species i.e. Pinus densiflora Shieb. et Zucc., Pinus Thubergii Parl., Cryptmeria japonica D. Don and Chamaecyparia obtusa Sieb. et Zucc. were studied. One year seedlings (1-0) were planted in each plot in the same spacing (196 seedlings per square meter), and a month later, each plot was shaded with green saran screens. By varying the layers of the screen, the daylight reaching the stand in plot was reduced as given in Table 2. Seedlings were kept shaded for two growing periods (P.d. & Cr.………Apr. 1965 ~ Oct. 1966; P.Th. Ch.………Apr. 1966 ~ Oct. 1967). The results are as follows: 1. The specific leaf area increase as the light intensity decreases (Fig. 2). 2. For Cr. and Ch., the maximum leaf area per seedling is observed in shaded plots, but for P.d. and P.Th. the leaf area per seedling decreases as the light intedsity decrease (Tab. 2). 3. For Cr. and Ch. between daylight and about 35% daylight, the relative growth rate of the plant decreases slightly as the light intensity decreases. For P.d. and P.Th. the relative growth rate is sharply decreased at lower light intensities (Fig. 5). 4. For all these species, the net assimilation rate rises as the light intensity increases and the leaf area ratio rises as the light intensity decreases. In general these treds are logarithmic (Fig. 6). 5. The relative light intensity for maximum relative growth rate and compensation point have been calculated from the regression for net assimilation rate and leaf area ratio (Tab. 4). 6. With regard to the calculated optimum light intensity and compensation point, the position of these four species agrees with the given in the generally accepted tolerance table.
URI: http://hdl.handle.net/2433/191461
Appears in Collections:第40号

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.