Access count of this item: 66

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
frk_045_171.pdf9.53 MBAdobe PDFView/Open
Title: 仮道管切開法による細胞壁構造の研究
Other Titles: Cell Wall Organization of Softwood Tracheids through the Microdissection Technique
Authors: 奥村, 正悟  KAKEN_name
原田, 浩  KAKEN_name
佐伯, 浩  KAKEN_name
Author's alias: Okumura, Shogo
Harada, Hiroshi
Saiki, Hiroshi
Issue Date: 15-Dec-1973
Publisher: 京都大学農学部附属演習林
Journal title: 京都大学農学部演習林報告 = BULLETIN OF THE KYOTO UNIVERSITY FORESTS
Volume: 45
Start page: 171
End page: 180
Abstract: 針葉樹仮道管を切開法によって平面に展開し, 半径壁と接線壁を同一平面上で観察することを試みた。切開操作はミクロマニピュレーターで行ない, 切開仮道管は電顕的あるいは光顕的に観察した。この方法で完成した春材仮道管ばかりでなく, 二次壁形成中の春材仮道管も切開することができた。春材仮道管の二次壁中層 (S_2) のミクロフィブリル傾角を, この方法を適用して一仮道管内の半径壁と接線壁で比較した。その結果, 仮道管中央部の膜孔のない半径壁とそれに隣接する接線壁との間には傾角の顕著な差は認められなかった。一方, 半径壁に膜孔の存在する場合, 特に先端寄りの部分では, その上下近辺で傾角が大きくなり, 接線壁との差は主消光位で比較すると15 - 20°に達した。
URI: http://hdl.handle.net/2433/191552
Appears in Collections:第45号

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.