Access count of this item: 377

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
frk_045_163.pdf8.32 MBAdobe PDFView/Open
Title: コウゾおよびミツマタのじん皮繊維壁の構造
Other Titles: Cell Wall Structure of Bast Fibers in Kozo (Broussonetia Kazinoki SIEB.) and Mitsumata (Edgeworthia papyrifera SIEB. et Zucc.)
Authors: 高橋, 善雄  KAKEN_name
今村, 祐嗣  KAKEN_name
佐伯, 浩  KAKEN_name
原田, 浩  KAKEN_name
Author's alias: Takahashi, Yoshio
Imamura, Yuji
Saiki, Hiroshi
Harada, Hiroshi
Issue Date: 15-Dec-1973
Publisher: 京都大学農学部附属演習林
Journal title: 京都大学農学部演習林報告 = BULLETIN OF THE KYOTO UNIVERSITY FORESTS
Volume: 45
Start page: 163
End page: 170
Abstract: 和紙の諸特性はその原料であるじん皮繊維の性質や構造が関与しているものと考えられるが, その構造についての知見は乏しい。そこでコウゾおよびミツマタのじん皮繊維壁について光学顕微鏡, 走査型ならびに透過型電子顕微鏡を用いて観察し次の結果を得た。(1) コウゾとミツマタのじん皮繊維壁はともに外層と内層からなり, 木化度は低い。(2) 外層はさらに4層に分かれ, 外側から, ミクロフィブリル配向がランダムな層, 概して軸方向の層, 横巻きの層, 横巻きから徐々に30 - 45°までかわる層が見られた。(3) 内層は厚く, 数層のラメラからなり, ミクロフィブリルは全層にわたって軸方向に対して小さい角度でらせんを描いて配向しており, 木化度の低い点とあわせて広葉樹あて材のゼラチン層に似た構造をもつことを確認した。
URI: http://hdl.handle.net/2433/191553
Appears in Collections:第45号

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.