Downloads: 77

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
frk_058_225.pdf593.03 kBAdobe PDFView/Open
Title: アカマツ仮道管一次壁におけるセルロースミクロフィブリル構造の電顕観察
Other Titles: Electron Microscopic Observation on Cellulose MicrofibriIs in the Primary Wall of Akamatsu (Pinus densiflora S. et Z.) Wood.
Authors: 大塚, 祐二  KAKEN_name
杉山, 淳司  kyouindb  KAKEN_id  orcid https://orcid.org/0000-0002-5388-4925 (unconfirmed)
原田, 浩  KAKEN_name
Author's alias: Otsuka, Yuji
Sugiyama, Junji
Harada, Hiroshi
Issue Date: 20-Dec-1986
Publisher: 京都大学農学部附属演習林
Journal title: 京都大学農学部演習林報告 = BULLETIN OF THE KYOTO UNIVERSITY FORESTS
Volume: 58
Start page: 225
End page: 231
Abstract: 一次壁形成中の新生木部細胞を用いて, 一次壁のセルロースミクロフィブリルの構造をシャドウイング法, 負染色法, 回折コントラスト法ならびに電子線回折法によりTEM観察した。形成段階にある一次壁は, アモルファス状の非セルロース性物質を多く含んでいた。この物質を除去するため2 - 3の化学処理を試みたところ, 3%HCl (80℃, 1h) 処理により最も効果的にセルロースミクロフィブリルを露出させることができた。観察されたミクロフィブリルはかなり通直で, その幅は4 - 5nmであった。また一次壁の電子線回折像は, 二次壁で得られるような典型的なセルロース I のパターンではなく, 非常に散漫な回折像であった。以上より, 一次壁のセルロースミクロフィブリルは二次壁のそれより幾分大きな4 - 5nmの幅をもつこと, さらに結晶性が悪いこと, が推定された。
URI: http://hdl.handle.net/2433/191848
Appears in Collections:第58号

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.