Downloads: 87

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
frk_058_087.pdf545.87 kBAdobe PDFView/Open
Title: 冷温帯下部天然生林の更新技術 IV : 天然生林内に樹下植栽されたスギ稚樹の生長について
Other Titles: Studies on the regeneration of natural forest on lower limit of cool temperate deciduous broad-Ieaved forest IV : On the growth of Sugi (Cryptomeria japonica) seedlings underplanted in natural forest
Authors: 川那辺, 三郎  KAKEN_name
安藤, 信  KAKEN_name
菅原, 哲二  KAKEN_name
Author's alias: Kawanabe, Saburo
Ando, Makoto
Sugahara, Tetsuji
Issue Date: 20-Dec-1986
Publisher: 京都大学農学部附属演習林
Journal title: 京都大学農学部演習林報告
Volume: 58
Start page: 87
End page: 94
Abstract: 京都府北東部の京都大学芦生演習林のスギと落葉広葉樹の混交した天然生林内に満1年生のスギ苗を1980年に樹下植栽して3年間の生育状況と光環境について調査した。調査はスギが優占した林分内で林冠を疎開した2区と広葉樹林内1区および比較のためにスギ人工林内と林外区の合計5区で行なった。植栽当年の樹高生長の差は少なく, 2年目から差がみられた。植栽当年の林内区の葉量が減少し2年目から増加したが, 庇陰の強い区では葉量の割合が減少する傾向がみられた。2年目以後の個体重の生長率は相対照度の減少にともない減少し, その関係は全天空写真による相対照度の対数に対し直線的であった。林冠を直径約10m疎開した相対照度28%の林内の樹下植栽木の生長率は林外区のおよそ半分で, 相対照度6. 7%のスギ人工林内の稚樹の生長率は低く, 生長の限界に近い光環境であると推測されたが, この区の枯死率は低かった。樹下植栽されたスギ稚樹が受ける被害は林分によって異なり, 広葉樹の多い区では動物による食害が激しく, これが原因で枯死するものも多い。スギ林内では雪と共に枯れた枝葉が落下し稚樹が物理的な被害を受ける。稚樹の死亡率は陽光の減少よりもこれらの被害の強さによる影響が大きかった。芦生の天然生林内でスギの更新稚樹の良好な生長を期待するためには全天空写真による相対照度30 - 40%程度に林冠を疎開すると共に, 樹下植栽の場合には稚樹の動物による食害を回避するため, 1年生など小さな苗木よりも大きな苗木を用いることや, 雪とスギの枯死枝葉による被害を避けるためにスギ上層木の直下に植栽しないなどの配慮が必要である。
Seedlings of Sugi (Cryptomeria japonica) were raised in Sugi and deciduous broadleaved natural forest, sugi plantation and cleared area at Ashu Kyoto University Forest, Kyoto. 1-year-old seedlings were underplanted in June 1980 and growth analysis were carried out on data obtaind from each end of next three growing season. The relative growth rate of seedling weight decreased sharply as relative light intensity in the stand decreased. The ratio of leaf weight to seedling weight decreased in plots of deep shade. Leaves and top of stems were eaten by animals and the rate of damage is high in broadleaved dominant stand. Many seedlings were damaged by fallen snow with dead branches and leaved of upper trees in Sugi dominant stand. The rate of mortality of seedling is increased by these damage rather than by decrease of relative light intensity in the stand.
URI: http://hdl.handle.net/2433/191859
Appears in Collections:第58号

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.