Downloads: 137

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
frk_062_055.pdf702.72 kBAdobe PDFView/Open
Title: ウツクシマツ (Pinus densiflora f. umbraculifera) の更新と保育に関する研究 : 天然生稚樹の消長と下層植生
Other Titles: Studies on the regeneration of Utsukushimatsu (Pinus densiflora f. umbraculifera) : Survival of natural seedlings and undergrowth
Authors: 川那辺, 三郎  KAKEN_name
Author's alias: Kawanabe, Saburo
Issue Date: 20-Dec-1990
Publisher: 京都大学農学部附属演習林
Journal title: 京都大学農学部演習林報告
Volume: 62
Start page: 55
End page: 64
Abstract: 滋賀県南部の甲西町に自生するウツクシマツは, 樹形が優美であり天然記念物に指定されている。近年, マツクイムシの被害によって特に樹齢が高く大きな個体の多くが枯死するため, 病虫害の防除や苗木の植裁などの保護と増殖対策が講じられてきた。このような対策の他に, 天然更新によってより多くの椎樹の育成を計ることが重要であると考え本研究を行った。林内の下層植生量の異なる3か所にプロット (2m×3m) を設定して稚樹の生育状況と下層植生量の関係を調べた。得られた主な結果は, 1) 発芽数は落下種子数のおよそ5 - 10%で, 下層植生量が多いところでは発芽の割合が他より少なかった。2) 従来行われてきた8月に行う年l回の下刈りでは, 下層植生量が著しく少ないところを除いて, 発芽した椎樹は8, 9月までにほとんどが消失する。消失原因は主に動物による食害と病害である。3) 6月と8月の年2回の下刈りを行い, 下層植生の植被率を減少させると当年生稚樹の生存率は増加し, 植被率をおよそ50%以下に保つと当年生では50%以上の生存率が得られた。下刈りを続けた場合, 1年生では植被率と生存率との関係はみられないがおよそ60%以上の稚樹の生存率が得られた。4) 稚樹の樹高が40cm以上になると生存率はさらに高くなるので, それ以後は年1回の下刈りで椎樹の育成が可能であると考えられた。5) 稚樹が踏み付けられると当年生の生存率は低下するが, 2 - 10回の踏み付け回数と枯死割合との関係は明確でなかった。6) 踏み付けは生き残った椎樹の樹高成長を悪くし, 踏み付け回数が多いほど成長量が少なくなる。このことは踏み付けられた稚樹の, それ以後の生存の可能性を低くするものと考えられた。
Utsukusimatsu (Pinus densiflora f. umubraculifera) is famous as its beautiful tree form, and the stand in southern part of Shiga prefecture is preserved as the natural monument. Many large trees were dead by pine wilt disease for the last ten years, To ensure rapid establishmant of young Utsukusimatsu stand, three plots (2m×3m) were set to study survival of natural seedlings in stand and effects of silucicultural treatments. 5 to 10 percent of fallen seed is germinated at the forest floor. In thick undergrowth area, almost all current-year-old seedlings were dead till Sept.. The survival rate of current-year-old seedling rises as the cover area of shrubs decreased by weeding, and the trend is inverse proportional. Keeping the shrubs cover under 50% area of ground, survival rate of current-year-old seedling increases over 50%. Survival rate of l-year-old seedling is 60% and over in each three plots. To ensure survival and growth of seedlings, twice-a-year weeding must be kept till stem height gets about 40cm. Stepping on seedlings decreases survival rate of seedlings and also decreases height growth of stems.
URI: http://hdl.handle.net/2433/191980
Appears in Collections:第62号

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.