Downloads: 668

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
frk_063_023.pdf642.07 kBAdobe PDFView/Open
Title: 森林の現存量推定法の検討 : 伐倒によらない推定法
Other Titles: A Study to Estimate the Forest Biomass : A Non-cutting Method to Use the Piled up Data
Authors: 大畠, 誠一  KAKEN_name
Author's alias: Oohata, Sei-Ichi
Issue Date: 20-Dec-1991
Publisher: 京都大学農学部附属演習林
Journal title: 京都大学農学部演習林報告
Volume: 63
Start page: 23
End page: 36
Abstract: 森林の保有する機能量を測定するためには, 幹, 枝, 葉, 葉面積などの量を推定する必要がある。その際, 伐倒調査による森林破壊を伴わずに推定できれば, それにこしたことはない。そこで, 過去に森林の生産力調査によって開発された現存量の推定の方法およびその際に蓄積された資料をもとにそれらの推定方法を検討した。その結果, 以下の方法によって大まかな推定が可能である。その場合, 森林調査では最小限の測定項目として調査区内の胸高直径 (D) を全木, サンプル木については生枝下直径 (D_B), 樹高 (H), 樹高の10%の高さの幹直径 (D_<0. 1>) を測定しておく必要がある。1. 幹重量の推定 : 種類を問わずV_s-D_2H関係 (1) 式によってV_sを推定し, 種類によって決められた幹比重によってw_sを推定する。Dが5cm以下の場合にはV_s-D_<0. 1>_2・H関係 (4) 式による。D_<0. 1>は調査した森林ごとに決定し, D-D_<0. 1>関係 (2) 式により換算する。2. 枝量の推定 : V_B-D_B_2関係 (5-7) 式によって枝容積を推定し, 種類により幹比重で補正して枝重量を計算する。D_Bを得るために, サンプル木でのD_B-D関係を測定する必要がある。3. 葉量の推定 : 種類によって異なるw_L-D_B_2関係 (表1) によって葉重量を推定する。個体のD_Bの推定は枝の場合と同様である。4. 葉面積 (u) の推定 : この方法は検討が不十分であるが, u-w_L関係 (9, 10) 式によってw_Lからブナ林またはシイ林の個体の葉面積が推定できそうである。他の種の場合, このような関係が得られていないので, 表2によって単位葉重量当りの面積からuを換算する。
The estimation of tree biomass is fundamentally important to evaluate the primary production, thermal dymamics and evaporation of the forest communities. The estimation of the biomass concerns the individual tree in a forest. Because it was difficult to cut and weigh each forest tree, in this this study, a non-cutting method was examined to estimate the biomass using data piled up after forest production researches. Stem volume (VS) is estimated from D2•H relation in the large range of stem diameter of more than 5cm and not differs with the tree species, and forest stage (Eq.1, Fig.1). When small trees are contained, the Vs is estimated by the VS-D0.12•H relation (Eq.4, Fig.3). The stem weight (ws) may be converted using the specific gravity of stem according to tree species. Branch volume is estimated from VB-DB2 relations (broad leaved species: Eq.5, Fig.5, coniferous: Eq.6, Fig.6, Cryptomeria: Eq.7, Fig.6). In these relations, DB-D relation is needed to arrange the measurement of the respective forest. Branch weight (wB) is estimated from the specific gravity of the stem. The amount of leaf (wL) is estimated from the relation between wL and DB2 using the pro-portional relation. Table 1 shows the proportional constants which differ with the species. The leaf area (u) of individual trees is difficult to estimate from leaf weight. Table 2 shows the conversion values of them in total amount of the forest in some species.
URI: http://hdl.handle.net/2433/192009
Appears in Collections:第63号

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.