Access count of this item: 160

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
frk_064_181.pdf817.99 kBAdobe PDFView/Open
Title: スギ成熟材部のフィブリル傾角の測定 : 剥離切片偏光顕微鏡法と圧締切片Ⅹ線回折法
Other Titles: Measurement of Fibril Angles in Mature Wood of Sugi (Cryptomeria japonica D. Don) : A Polarizing Microscopic Method on Splitted Sections and an X-Ray Diffraction Method on Pressed Sections
Authors: 太田, 章介  KAKEN_name
畑, 茂樹  KAKEN_name
藤田, 稔  KAKEN_name
佐伯, 浩  KAKEN_name
Author's alias: Ohta, Shousuke
Hata, Shigeki
Fujita, Minoru
Saiki, Hiroshi
Issue Date: 21-Dec-1992
Publisher: 京都大学農学部附属演習林
Journal title: 京都大学農学部演習林報告 = BULLETIN OF THE KYOTO UNIVERSITY FORESTS
Volume: 64
Start page: 181
End page: 191
Abstract: スギ成熟材部仮道管のフィブリル傾角を測定するため, 剥離切片を用いた偏光顕微鏡法と, 圧締切片を用いたX線回折法を検討した。剥離切片には多くの単一壁が認められ, 仮道管はS1層付近で剥離されることが多く, フィブリル傾角測定にはかなり有効であることがわかった。一方, 庄締した板目切片では仮道管が偏平になり, 放射壁のミクロフィブリルの影響が減少し, X線回折図では, セルロースIの (002) 面の回折スポットは分離される場合が多くなった。これによりフィブリル傾角の測定が容易に行えるようになった。この方法での測定値と偏光顕微鏡での測定値を比較してみると, 早材では近い値を得ることができた。しかし, 晩材では圧締後も偏平にならない放射壁が存在するために, 回折図での赤道付近の回折強度にはその影響があり, この方法での測定値は幾分小さな値を示した。
URI: http://hdl.handle.net/2433/192016
Appears in Collections:第64号

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.