Access count of this item: 122

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
frk_065_325.pdf1.4 MBAdobe PDFView/Open
Title: セルロースミクロフィブリルの高次構造解析への電子回折法の導入
Other Titles: An electron diffraction method applied to the higher order structure of cellulose microfibrils
Authors: 藤田, 稔  KAKEN_name
斎藤, 幸恵  KAKEN_name
花岡, 純  KAKEN_name
佐伯, 浩  KAKEN_name
Author's alias: Fujita, Minoru
Saitoh, Yukie
Hanaoka, Jun
Saiki, Hiroshi
Issue Date: 24-Dec-1993
Publisher: 京都大学農学部附属演習林
Journal title: 京都大学農学部演習林報告 = BULLETIN OF THE KYOTO UNIVERSITY FORESTS
Volume: 65
Start page: 325
End page: 338
Abstract: セルロースの結晶構造およびセルロースミクロフィブリルの配向はこれまで詳しく研究されてきた。しかし両者の間を橋渡しするセルロースの高次構造については未だ不明の点が多い。そこで電子回折法をセルロースの高次構造解析に応用するために, 試料作製と回折法の両面から改善を加え, その有効性を検討した。まず, バロニア, ラミー, 仮道管壁のS_2層, ポプラのG層から, 細胞壁本来の構造を維持するために薄層を剥離した。そして電子回折につきまとう試料の電子線損傷を軽減するために, 無用な電子線照射を極力減らすことを工夫した。その結果, 多数の回折スポットを持つ鮮明な回折パターンを得ることに成功し, セルロースの高次構造解明の端緒を得ることができた。さらに酢酸ウラニル染色することによりミクロフィブリルの人為的移動を防止し, また間隙のコントラストを増大させ, その広角および小角領域の回折強度を解析することで, ミクロフィブリルの周期的分布などが評価できるようになった。
URI: http://hdl.handle.net/2433/192034
Appears in Collections:第65号

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.