このアイテムのアクセス数: 40

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
1848-03.pdf531.26 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 多並列計算機向きかつ同期回数を半減させた前処理つき反復法の提案 (次世代計算科学の基盤技術とその展開)
その他のタイトル: A proposal of preconditioned iterative method with reduction of synchronization suited to distributed parallel computers (Fundamental Technologies for the Next-Generation Computational Science)
著者: 村上, 啓一  KAKEN_name
藤野, 清次  KAKEN_name
著者名の別形: Murakami, Keiichi
Fujino, Seiji
発行日: Aug-2013
出版者: 京都大学数理解析研究所
誌名: 数理解析研究所講究録
巻: 1848
開始ページ: 25
終了ページ: 32
URI: http://hdl.handle.net/2433/195091
出現コレクション:1848 次世代計算科学の基盤技術とその展開

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。