このアイテムのアクセス数: 1606

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
ROMAHOPEDIA_IV.2.pdf増補新版1.7 MBAdobe PDF見る/開く
ROMAHOPEDIA_IV.pdf1.46 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: タテマエとホンネの狭間で --日本文化の一側面を観察する--
その他のタイトル: ROMAHOPEDIA(ローマ法便覧) 第四部
著者: 柴田, 光蔵  KAKEN_name
著者名の別形: Shibata, Mitsuzo
発行日: 1-Apr-2015
目次: 序論
(A) はじめに
(B)「タテマエ・ホンネ」イメージの群像
(C) 日本の法文化における「タテマエ」と「ホンネ」
(D) 古代ローマにおける「タテマエ」と「ホンネ」
第一章「タテマエ・ホンネ論」の背景
(A) 筆者の個人的事情
(B)「京のぶぶ漬け」の話
(C)「ウィキペディア」の「建前と本音」論
第二章「タテマエ」と「ホンネ」の位置関係
第三章 本論
(A) 序説
(B)「表」と「裏」・「外」と「内」
(C)「形・形式・型」としての「法」
(D)「タテマエ」と「ホンネ」の対比図式
(E) 未来への一つの指針
第四章 「隣人訴訟」を巡る「タテマエ」と「ホンネ」--事例分析
あとがき
URI: http://hdl.handle.net/2433/196743
関連リンク: http://hdl.handle.net/2433/175506
http://hdl.handle.net/2433/188828
http://hdl.handle.net/2433/191016
http://hdl.handle.net/2433/230845
出現コレクション:柴田 光蔵

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。