このアイテムのアクセス数: 1918

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
yoko_3_45.pdf31.85 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: スリランカにおける日系企業の現状と課題
その他のタイトル: A Current States and Issues on Japanese Companies in Sri Lanka
著者: 宮本, 琢也  KAKEN_name
高橋, 宏幸  KAKEN_name
前川, 佳一  KAKEN_name
著者名の別形: MIYAMOTO, Takuya
TAKAHASHI, Hiroyuki
MAEGAWA, Yoshikazu
キーワード: Global Business
Sri Lanka
Japanese Manufacturing Companies
Supply Chain Management
Business in a Developing Country
発行日: 2015
出版者: グローバルビジネス学会
誌名: 第3回 全国大会 予稿集
開始ページ: 45
終了ページ: 50
抄録: 本研究は,昨今,南アジア地域で注目を集めるようになったスリランカの経済状況と日系企業の現状と課題について議論する.次に,現状と課題を踏まえつつ,日系企業が取るべき1つの指針として,調整弁型のビジネスモデルについて論じる.スリランカは,古くから親日国として知られているが,日系企業も数多く進出している.同国は,現地人材のマネジメントなど経営面でのメリット,インドやパキスタンへの近接性という立地上のメリットなど数多くあるものの,電気代などエネルギーコストが高さや,現地経済が未成熟なためにサプライチェーン上の課題がある.このようなメリットと課題を踏まえつつ,スリランカにおける日系企業が取るべき1つのビジネスモデルを展望として示す.
Sri Lanka, one of the South Asian countries, has been gaining prominence in recent years. This study discusses first, her economy as well as Japanese-affiliated companies and their challenges. Based on those discussions then, a relief valve business model as one of the possible solutions will be recommended. Known as a pro Japanese country for long, Sri Lanka has received many Japanese subsidiaries. The advantages are of manage like human resource and of location as adjacent to India and Pakistan. The disadvantages are however, energy cost like expensive electricity and inefficient supply chain due to immature economy. The pros and cons usher in a new perspective, a business model that Japanese companies could rely on.
記述: 第3回全国大会; 「地方創生とグローバルビジネス」(統一テーマ), 2015/7/4(土) - 7/5(日), 早稲田大学国際会議場(井深大記念ホール)他
7月5日(日) 研究発表会 早稲田キャンパス3号館 701号室/702号室 「オープンイノベーション視点からの考察」宮本琢也
著作権等: © グローバルビジネス学会 = Society of Global Business
URI: http://hdl.handle.net/2433/198834
関連リンク: http://s-gb.net/contents/SGB_3rd_Script.pdf
出現コレクション:学術雑誌掲載論文

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。