このアイテムのアクセス数: 302

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
future.life_2_18.pdf791.16 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: <依頼論文>慢性の病いにおける素人の病因帰属に関する研究の発展--社会学における文献レビューを通して
その他のタイトル: <Invited Articles>Development of Research on Causal Attribution of Chronic Illnesses among Lay People: AReview of Studies in Sociology
著者: 駒田, 安紀  KAKEN_name
著者名の別形: Komada, Aki
キーワード: 病因帰属
素人
慢性
病い
文献レビュー
Keywords: causal attribution
lay
chronic
illness
literature review
発行日: 18-Feb-2017
出版者: 京都大学大学院人間・環境学研究科 共生人間学専攻 カール・ベッカー研究室
誌名: いのちの未来 = The Future of Life
巻: 2
開始ページ: 18
終了ページ: 36
抄録: 本稿は、慢性の病いにおける素人の病因帰属に関する実証的な研究に焦点を当て、その発展 および動向を考察するものである。素人の知識が着目され始めた1980 年代より、2014 年に至 るまでの社会学における英文文献をWeb of Knowledge Core Collectionにて収集し、47件の論文を対象とした。1980年代はその数は少ないが、1990年代より徐々に増加し、素人の病因帰属に関する研究は現在も継続して行われ、多くが質的研究にて行われていた。研究目的は、素人の知識の実態を知るもの、素人の知識と病気行動との関連を探るものなどが中心的に見られた。1990年代以降、病気行動との関わりに着目した研究が出現し、現在も続いていることから、素人の病因帰属に関する研究は治療・コントロールといったより実践的な目的を伴ってきていると言える。対象とされた病いは、多いものから、精神疾患を含むメンタルヘルスの問題、がん、病いを特定せずに調査を行ったもの、2型糖尿病、心疾患となっていた。また、病因帰属に至るプロセスとして調査者の尋ね方や回答者のストーリーを重要視したり、「わからない」という回答や超自然的な答えに着目したものも見られ、帰属内容を比較するにとどまらない視点を得ることができた。This paper examines the development of research on causal attribution of chronic illnesses among lay people through a review of empirical studies in sociology. Fortyseven articles were included in the review in Web of Knowledge Core Collection, on the basis of being sociological studies targeting causal attributions among lay people from 1980 to 2014. Few studies were conducted in 1980s, but the number of the studies have increased since 1990s. Many of them were qualitative studies. The main purposes were identifying lay knowledge and examining the correlation between lay knowledge and their behaviours. The latter studies have more practical purposes for treatment or control. The illnesses they targeted frequently were mental health problems including mental illness, cancer, type 2 diabetes, cardiac disorder. Some studies targeted many people with unspecified illnesses. The paper has a lot of viewpoints not only comparing what kinds of causal attributions lay people have, but also discussing the process to interview the lay people or the narratives they showed, and focusing the answer “don’t know” or supernatural attributions.
DOI: 10.14989/218234
URI: http://hdl.handle.net/2433/218234
出現コレクション:No. 2

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。