このアイテムのアクセス数: 11

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
kulr34_1.pdf781.92 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: <研究論文>チャック文字によるチャック語表記上の課題
その他のタイトル: <Article>Cak script: problems and proposals
著者: 藤原, 敬介 researcher_resolver_name
著者名の別形: Huziwara, Keisuke
キーワード: チャック語
チャック文字
インド系文字
表記法
Cak language
Cak script
Indic script
writing system
発行日: 31-Dec-2015
出版者: 京都大学大学院文学研究科言語学研究室
誌名: 京都大学言語学研究=Kyoto University Linguistic Research
巻: 34
開始ページ: 1
終了ページ: 24
抄録: チャック語(バングラデシュ・チッタゴン丘陵: チベット・ビルマ語派ルイ語群)を表記するためにOng Khyaing Cak[2013]で発表されたチャック文字はインド系文字のながれをくむ音節文字である。チャック文字には言語学的な観点からは以下にしめす不備がある: (A)/v/を表記する独立した字母がない、(B)共時的にみて音素表記上は不要な有声有気閉鎖音や反舌音をあらわす字母がある。また、Ong Khyaing Cak[2013]に例示される綴字には以下にしめす問題点がある: (C)母音の長短と声調のつかいわけが一貫しない、(D)特に促音節で高声調が表記されない、(E)語末子音の同一音素に対して複数の表記がある。本稿では現行のチャック文字表記を紹介し、(A)?(E)に対する修正案を提案する。The Cak script is a newly developed Indic script used for the Cak language (Luish group of the Tibeto-Burman language family, Chittagong Hill Tracts, Bangladesh). Ong Khyaing Cak (2013) is a textbook of the Cak script and explains its fundamental system. Although well designed overall, the current Cak writing system has several shortcomings: (A) no independent letter for /v/, (B) unnecessary letters for the non-phonemic elements such as the voiced aspirated consonants and the retroflexes, (C) the arbitrary use of short and long vowel signs, (D) the frequent omission of high tone marks in checked syllables, and (E) multiple ways to denote coda consonants. This paper discusses these problems and proposes a revision of the Cak orthography.
記述: 本稿は科学研究費補助金(課題番号22720155)による研究成果の一部である
著作権等: © Department of Linguistics Graduate School of Letters 2015
URI: http://hdl.handle.net/2433/218955
出現コレクション:34号

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。