Downloads: 224

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
rae_14_109.pdf922.88 kBAdobe PDFView/Open
Title: 中央アジアにおけるテパの分布と形態(その2) -- 2015 年度ウズベキスタン調査から --
Other Titles: Study of distribution and form of the settlement remains in Central Asia (2): Results of the research trip in Uzbekistan in 2015
Authors: 小方, 登  kyouindb  KAKEN_id
Author's alias: OGATA, Noboru
Keywords: テパ
集落遺跡
衛星画像
CORONA 衛星写真
中央アジア
ウズベキスタン
tepa
settlement remains
satellite imagery
CORONA satellite photograph
Central Asia
Uzbekistan
Issue Date: 28-Dec-2016
Publisher: 京都大学大学院人間・環境学研究科「地域と環境」研究会
Journal title: 地域と環境
Volume: 14
Start page: 109
End page: 122
Abstract: 本稿では,前稿(小方2014)の方法を踏襲しつつウズベキスタンのカシュカダリヤ川沿いに分布する都市・集落遺跡について,その分布・立地および形態を検討した。衛星写真上で遺跡と思われる地物を特定し,現地調査で確認した。その多くは「テパ」と呼ばれる丘状遺跡であり,それらの形態から共通する要素を抽出して,一般化を試みた。今回調査した中では,エル・クルガンとオディルマ・シャフルという多重の囲郭からなる遺跡が,従来の都城系譜研究にない知見を与える重要なものであった。
DOI: 10.14989/224926
URI: http://hdl.handle.net/2433/224926
Appears in Collections:No.14

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.