このアイテムのアクセス数: 9

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
AXIES2016_TP27.pdf637.7 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 利用者側での CMS の運用改善 -- Sakai における課題ツールを例に
その他のタイトル: Improvement of CMS Operation at User Side -- A Case of Assignment Tool on Sakai
著者: 青木, 学聡  KAKEN_name
喜多, 一  KAKEN_name
著者名の別形: Aoki, Takaaki
Kita, Hajime
発行日: Dec-2016
論文番号: TP27
抄録: Webベースの情報システムは操作面での改善をユーザサイドでは行いにくいと いう欠点がある.コース管理システム(CMS)も教員が本格的に利用する上では授業を 受講する多くの学生と個々にインタラクションする場合の操作量が相当に多いという 課題があるがこれを実運用するサーバ側で改善することは管理上の問題なども発生す る.本報告では Sakai の課題ツールで回答を一括ダウンロードできることを利用し, 回答を効果的に閲覧するプログラムを作成することでユーザ側での運用を改善する試 みについて報告する.
記述: AXIES: 大学ICT推進協議会 2016年度 年次大会
URI: http://hdl.handle.net/2433/226603
出現コレクション:学術雑誌掲載論文等

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。