このアイテムのアクセス数: 20

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
ctz_9_398.pdf764.26 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: <特集論文 3>コンタクト・ゾーンとしてのエデュケーション
その他のタイトル: Education as a Contact Zone
著者: 飯嶋, 秀治  KAKEN_name
著者名の別形: IIJIMA, Shuji
IIJIMA, Shuuji
キーワード: 教育人類学
学習の人類学
教授の人類学
トータル・エデュケーション
teaching anthropology
the teaching of anthropology
anthropology of education
educational ethnography
anthropology of learning
total education
発行日: 31-Dec-2017
出版者: 京都大学大学院人間・環境学研究科 文化人類学分野
誌名: コンタクト・ゾーン = Contact zone
巻: 9
号: 2017
開始ページ: 398
終了ページ: 408
抄録: 本稿では、これまで日本であまり紹介されてこなかった教授の人類学を紹介し、教育人類学と学習の人類学の中に位置付ける。そのうえでこの教授の人類学をコンタクト・ゾーンとして見ると、文化人類学教育の場が私たちのもう一つのフィールドになることを確認する。そうした分析枠組みの中で、著者が行ってきた文化人類学演習という場を、教育者、学生、村人それぞれのコンタクトの連鎖として6つの側面に分ける。そのそれぞれの側面には、一方のアクターが意図したのとは異なった学習が他方で行われていたことを指摘する。重要なのは、この両者の距離といかにつきあうかである。そうすることで、文化人類学演習の場は、教育者の意図にも、学生の学びにも、村人だけにも還元できない「トータル・エデュケーション」が生じ得る。その結果、教育人類学が長年の課題としてきた哲学的人類学と科学的人類学とを実践において還流させるという展望を示す。
This article claims the following. At first, this article introduces "teaching anthropology" or "the anthropology of teaching" into the Anthropology of Education in Japan. Further, we regard our seminar on cultural anthropology as a chain of contact zones. According to our framework, five aspects of our seminar are distinguishable. (1) A teacher establishes contact with villagers at the field sites. (2) At the university, the teacher provides students with several materials and methods to make them skilled fieldworkers. (3) On their path of learning ethnography, the students establish contact with villagers. (4) After the seminar, students describe what they have learned. However, interestingly, their recognition of what they could learn often differs from the teacher's objective. (5) At the end, the teacher contacts villagers to ensure every effect of the seminar, which contributes in their planning of the next seminar. The central point here is the way of treating contact zones established between teachers and students, students and villagers, and villagers and teachers. We would like to name this chain of contact zones as a field of "total education, " where unintentional development of three agents̶teachers, students, and villagers̶occurred, enabling us to expand teaching anthropology and not restrict it to the evaluation of teachers, students, and villagers. Then we can combine "philosophical anthropology" and "scientific anthropology" on the practical level, which I believe enhances our anthropology for the future.
URI: http://hdl.handle.net/2433/228332
出現コレクション:009

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。