このアイテムのアクセス数: 42

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
keiamano_279.pdf1.73 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: イタリア文献学と古典文献学の間 --クローチェ、パスクァーリ、バルビの「方法」を巡る問い--
著者: 竹下, 哲文  KAKEN_name
発行日: 29-Mar-2018
出版者: 京都大学文学部イタリア語学イタリア文学研究室
誌名: 天野惠先生退職記念論文集 = Studi di lingua e letteratura offerti a Kei AMANO
開始ページ: 279
終了ページ: 299
URI: http://hdl.handle.net/2433/233698
出現コレクション:天野惠先生退職記念論文集

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。