このアイテムのアクセス数: 3

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
P10_RMANJ03_KURA_Seki.pdf1.67 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 京都大学におけるURAの定着化に向けた取り組み
著者: 関, 二郎  KAKEN_name
鮎川, 慧  KAKEN_name
白井, 哲哉  KAKEN_name
大菊, 鋼  KAKEN_name
佐治, 英郎  KAKEN_name
著者名の別形: Seki, Jiro
Ayukawa, Kei
Shirai, Tetsuya
Ogiku, Tsuyoshi
Saji, Hideo
発行日: 29-Aug-2017
論文番号: P_10
抄録: 京都大学は、文科省「URAを育成・確保するシステムの整備」事業への採択を受け、2012年4月にURAオフィス(学術研究支援室/KURA)を設立した。当初8名のURAで始まり、その後自主経費で部局URA組織を設置、また文科省「研究大学強化促進事業」の採択を受けて増員し、さらに2016年4月には部局URAをKURAに集約(サテライト化)し、5年経過した現在、41名のURAを抱える日本最大規模のURA組織へと成長した。本発表では、「京都大学の卓越した知の創造活動を、研究者の視点に立って、学問・社会を発展させる力に変える」という新ビジョンの下、研究力強化に向けたKURAならではの取り組みやURAシステムの定着化に向けたソフト・ハード面の整備、さらに今後のKURAの目指すべき姿(将来構想)に関する検討状況について紹介する。
記述: RA協議会第3回年次大会(徳島)
開催日時: 2017年8月29日(火)-2017年8月30日(水)
開催場所: あわぎんホール--徳島県郷土文化会館--
主催: リサーチ・アドミニストレーター協議会
URI: http://hdl.handle.net/2433/234544
関連リンク: http://www.rman.jp/meetings2017/
出現コレクション:RA協議会第3回年次大会(徳島)

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。