このアイテムのアクセス数: 59

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
LTM-32_3.pdf1.26 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: <研究ノート>HドープしたLaFeAsOのNMRから見た圧力誘起臨界現象
その他のタイトル: <Research Report>Pressure-induced critical phenomena on H-doped LaFeAsO studied via NMR
著者: 藤原, 直樹  KAKEN_name
著者名の別形: Fujiwara, Naoki
発行日: Jun-2018
出版者: 京都大学物性科学センター
誌名: 京都大学物性科学センター : LTMセンター誌 = Low Temperature and Materials Sciences (Kyoto University)
巻: 32
開始ページ: 3
終了ページ: 9
抄録: We performed NMR measurements on LaFeAsO₁₋xHx, focusing on the superconducting (SC) phase adjacent to the second antiferromagnetic (AF) phase in the heavily H-doped regime. The AF phase is strongly suppressed by applying a pressure of 3.0 GPa, and is segregated from the SC phase in the x₋T phase diagram, thereby a "bare" quantum critical point (QCP) emerges. AF critical fluctuations specific to the QCP emerges in a paramagnetic phase near the QCP. However, they are limited in a narrow doping regime, and thus the optimal SC condition (Tc~48 K) is unaffected by the AF fluctuations.
URI: http://hdl.handle.net/2433/235596
関連リンク: http://www.ltm.kyoto-u.ac.jp/centershi/
出現コレクション:第32号

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。