このアイテムのアクセス数: 48

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
aak_18_1_1.pdf842.16 kBAdobe PDF見る/開く
aak_18_1_2.pdf正誤表96.34 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: <論説>属州パンノニアの河川輸送 --セウェルス朝期のサヴァ川・ドラヴァ川流域における経済活動の持続と変化--
その他のタイトル: <Article>The Dynamics of River Transport in Roman Pannonia: The Economic Activities in the Save and Drave River Basin under the Severan Dynasty
著者: 野崎, 由利子  KAKEN_name
著者名の別形: NOZAKI, Yuriko
発行日: 18-Dec-2018
出版者: 京都大学大学院文学研究科
誌名: 西洋古代史研究 = Acta academiae antiquitatis Kiotoensis
巻: 18
開始ページ: 1
終了ページ: 41
抄録: ローマ帝政期の属州研究で従来、考察があまりなされて来なかった先住者固有の文化や伝統が、ローマの支配を受けてどのように変化したか、あるいはローマにどのような影響を与えたかを検討することは、ローマの支配の実態をより明らかにできるものと考えられる。本稿では、属州パンノニアについて、その地理的条件から先住者が携わっていた河川輸送(とりわけ西部のサヴァ川・ドラヴァ川における)をとりあげる。ローマは河川輸送を経済的に重要視したために、流域を都市化したり、陸送との連結を強化したりした。そして先住者を中心とした流域民の生活は、雇用機会の増加や広域交易などの変化を受けた。3世紀初頭セウェルス朝期は比較的安定した国内状況から、パンノニアの繁栄期とされており、物資の輸送や属州間交易も増加し、河川輸送も活発化したと考えられる。碑文からは舟運関係者の活躍が読み取れる。また、「ローマ化」していない内陸部の先住者の集落遺構の発掘成果から、彼らも何らかの形で河川輸送を中心とした輸送ネットワークに関与していたことの可能性が読み取れる。流域の経済基盤が強まったことで、その後、この地域出身の皇帝を輩出する原動力となったとみなすこともできるであろう。このように先住者とローマの関係は、ローマが一方的に影響を与えるのではなく、相互に影響を及ぼし合う関係であったと言えるのである。
It would contribute to revealing how Rome ruled the provinces to investigate the cultures and traditions of the indigenous, which have not been fully examined in the study of the Roman provinces; did they transform under the Principate, or did they have any impact on Rome's control? This paper will discuss river transport on the Save and Drave rivers in western Pannonia. People in the river basins, who benefitted from the geographical conditions of the area, had long been engaged in trade and transportation. Since Rome recognized the economic importance of river transportation, it urbanized the area and intensified an integrated system, connecting land and river transport. This affected the life of the indigenous people through an increase of job opportunities and trade with a wider area. Under the Severan emperors, owing to the relative stability on the border along the Danube, Pannonia is considered to have enjoyed prosperity, which would have stimulated transportation of commodities and inter-provincial trade, and activated river transport. Inscriptions and epitaphs excavated from the river basins attest the activity of people related to shipping. Also, the results of the excavation of an indigenous community which lay in the region between the two river basins present the possibility that the 'un-Romanized' inhabitants participated in some way in the network of transport. It is probable that a strengthened economic base was one of the causes which enthroned a series of emperors coming from the river basins. Thus, the relationship between the indigenous people and Rome was interactive, not unilaterally Rome's influence on the indigenous.
記述: 正誤表あり
URI: http://hdl.handle.net/2433/235895
出現コレクション:第18号

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。