このアイテムのアクセス数: 16

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
112_27.pdf1.37 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 転輪王説話の生成 --その始源から「輪宝追跡譚」の成立まで--
その他のタイトル: The Formation of Cakravartin's Figure From Its Origin to the Composition of the "Cakra-Chasing Episode"
著者: 手嶋, 英貴  KAKEN_name
著者名の別形: Teshima, Hideki
キーワード: 転輪王
輪宝
アシュヴァメーダ
ヴェーダ
王権
cakravartin
cakra
aśvamedha
veda
kingship
発行日: 30-Jun-2018
出版者: 京都大學人文科學研究所
誌名: 人文學報 = The Zinbun Gakuhō : Journal of Humanities
巻: 112
開始ページ: 27
終了ページ: 86
抄録: 転輪王(Skt. rājan- cakravartin-, Pa. rājan- cakkavatti[n]-)は, 主に仏典においてしばしば言及される理想の帝王である。この王は, もっぱら仏法によって臣民を教導し, 武力によることなく全大地を征服するといわれる。古代インドの帝王イメージの展開を理解する上で重要な存在であり, 研究者の間でも早くから注目されてきた. しかし, その人物像の発展過程は複雑であり, 未だ定説と言えるものが存在しない. そうした状況を踏まえ, 本稿では, パーリ語で編まれた初期仏典における転輪王関係の記述を見直し, その人物像が生成されていく過程を考察する。そこから得られた結果は, 概ね次のようにまとめられる。(1) cakkavatti[n]-という語は本来「車に乗って走行する」という意味の形容詞であったと考えられる。パーリ経典ではこの形容詞が実体詞である「王」(rājan-)を修飾し, 二語が一組となって「(軍事的・政治的活動のために)車に乗って走行する王」を意味した。またこの語は, 慣用的に, 全大地を支配する王の修飾語として使われる傾向を持っていた。(2) この原型的人物像は, やがてゴータマ・ブッダのイメージと結合し, 「法によって全大地を支配する帝王」という人物像に発展した。また, その人物像を表現する定型文・語句が生み出された。上記の過程で「転輪王の七宝」を述べる定型文が生じた。(3) そうした動向に伴って, パーリ中部および長部経典に見られる七宝個々の説話が作成された。そのうち転輪王説話の代表というべき「輪宝追跡譚」は, 仏典内で生成してきた転輪王の人物像を継承している。しかし, 説話全体の骨子は, ヴェーダの王権祭式アシュヴァメーダの儀礼過程を模倣・翻案する仕方で作られた可能性が高い。そこには, 古代インドで広く知られた祭を模倣することにより, 仏教徒以外をも含む幅広い層の人々に, 転輪王という新しい帝王像を容易に理解, 受容させる意図があったと推測される。
The Cakravartin king (Sanskrit : rājan- cakravartin-, Pāli : rājan- cakkavatti[n]-) is often mentioned in the Buddhist texts as an 'ideal monarch.' He subjugates all people using not military force, but only religious instruction through Buddhist teaching (dharma-). Many scholars have been interested in this characteristic image of the Cakravartin king and have presented their opinions about its origin. However, because of the complexity of its character, it is still unclear how the image of this type of king developed. The present paper aims to clarify the formation process of the Cakravartin's image, especially by examining the Buddhist Pāli canons which mention the Cakravartin king, and also by investigating the Vedic ritual texts concerning this aim. The findings in our research will be summarised as follows : [1] The original sense of the adjective cakkavatti[n]- was probably 'mounting/entering and riding a vehicle,' and the noun rājan- (king), along with cakkavatti[n]-, denoted 'a king mounting/entering and riding a vehicle for a military/political activity' This term also tended to express the great king governing the entire earth. [2] Next, the character of the Cakravartin king was united with that of the Buddha, and gained the image of an ideal monarch 'who governs the entire earth with the Buddha's dharma.' Further, several fixed phrases expressing this image were composed. [3] One of the fixed phrases enumerates the "seven treasures" peculiar to the Cakravartin king. Among them, the "cakra as treasure" (cakkaratana-) is positioned as the first of the seven, and another one details the "cakra-chasing episode," which describes that the king chased a cakra rolling around the earth, and subjugated all other kings. This episode is comprised of authentic images of the Cakravartin king which were shown in the preceding Buddhist canons, but its overarching story of "chasing the cakra" was probably adapted from the ceremonial "chasing the horse," which takes place in the Vedic horse sacrifice (aśvamedha-) to be celebrated by sovereign kings. The horse chasing ceremony was known quite widely in ancient India. The compiler of this episode seems to have wanted to make the Cakravartin' sovereignty, as well as the Buddhist teaching that he explained, more acceptable to many people, including non-Buddhists.
DOI: 10.14989/235918
URI: http://hdl.handle.net/2433/235918
出現コレクション:第112号

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。