このアイテムのアクセス数: 5

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
cpb.c17-00737.pdf687.13 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: Synthesis of Tetrahydrobiphenylene via Pd(0)-Catalyzed C(sp²)-H Functionalization
著者: Tsukano, Chihiro  kyouindb  KAKEN_id
Suetsugu, Satoshi
Muto, Nobusuke
Takemoto, Yoshiji  kyouindb  KAKEN_id
著者名の別形: 塚野, 千尋
末次, 聖
武藤, 伸輔
竹本, 佳司
キーワード: C–H functionalization
tetrahydrobiphenylene
palladium
発行日: 1-Dec-2017
出版者: Pharmaceutical Society of Japan
誌名: Chemical and Pharmaceutical Bulletin
巻: 85
号: 12
開始ページ: 1167
終了ページ: 1174
抄録: Tetrahydrobiphenylene consists of cyclobutene fused with benzene and cyclohexene rings. In this paper, a direct method for synthesizing tetrahydrobiphenylenes based on a palladium (Pd)(0)-catalyzed C(sp²)-H functionalization was investigated. The developed method was applied to the synthesis of several tetrahydrobiphenylenes having an oxygen functionality at the ring juncture. The derivatization of a tetrahydrobiphenylene is also reported.
著作権等: 許諾条件に基づいて掲載しています。
URI: http://hdl.handle.net/2433/235954
DOI(出版社版): 10.1248/cpb.c17-00737
PubMed ID: 29199221
出現コレクション:学術雑誌掲載論文等

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。