Access count of this item: 6

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
2043-15.pdf1 MBAdobe PDFView/Open
Title: マラリア流行と降雨との関係性 (第13回生物数学の理論とその応用 : 連続および離散モデルのモデリングと解析)
Authors: 布野, 孝明  KAKEN_name
Jusup, Marko
岩見, 真吾  KAKEN_name
Author's alias: Funo, Takaaki
Jusup, Marko
Iwami, Shingo
Issue Date: Sep-2017
Publisher: 京都大学数理解析研究所
Journal title: 数理解析研究所講究録 = RIMS Kokyuroku
Volume: 2043
Start page: 89
End page: 94
Abstract: マラリアは原因となる原虫を蚊が媒介することによって伝播する感染症である。そのためマラリアの流行を記述するためには、ヒト集団だけでなく蚊集団の生態や動態、及び原因となる原虫の生態を考慮する必要がある。本研究では、南アフリカのGreater Giyaniにおいて1998年から2015年にかけて収集されたマラリア報告件数のデータを用いて、マラリア流行と気温や降雨量との相関を解析した。
URI: http://hdl.handle.net/2433/236962
Appears in Collections:2043 Theory of Biomathematics and its Applications XIII : Modeling and Analysis for Discrete and Continuous Models

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.