Access count of this item: 11

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
2043-19.pdf603.43 kBAdobe PDFView/Open
Title: 頑固さの進化 (第13回生物数学の理論とその応用 : 連続および離散モデルのモデリングと解析)
Other Titles: Evolution of stubbornness (Theory of Biomathematics and its Applications XIII : Modeling and Analysis for Discrete and Continuous Models)
Authors: 黒川, 瞬  KAKEN_name
Author's alias: Kurokawa, Shun
Issue Date: Sep-2017
Publisher: 京都大学数理解析研究所
Journal title: 数理解析研究所講究録 = RIMS Kokyuroku
Volume: 2043
Start page: 116
End page: 120
Abstract: 協力行動の存在は説明を要する。繰り返し相互作用において、「相手が協力すれば協力する。相手が協力しなければ協力しない。」という行動をとった場合、協力行動は進化しえ、これは直接互恵性と呼ばれる主要なメカニズムである。直接互恵性は、相手の(過去の)行動に関する情報が使えることを前提としているが、相手の行動に関する情報はしばしば不完全である。そして、相手の行動に関する情報がない場合の選択肢として、種々考えられるが、ここでは、(i)相手の行動に関する情報がない場合は、ある決まった確率で協力をする。(ii)相手の行動に関する情報がない場合は、自分の過去の行動を参照する。という2つの選択肢を考える。(ii)の選択肢は、(i)の選択肢よりも、有利になりえるのだろうか?すなわち、自分の過去の行動は、進化する上で有益な情報なのだろうか?今回、私は、繰り返し囚人のジレンマにおける、条件付協力者と無条件非協力者のゲームを考える。そして、ALLDの侵入に対する安定性を調べたESS解析の結果、(ii)の選択肢の中でも、とりわけ、相手の行動に関する情報がない場合は、自分の過去の行動を踏まえて、「自分が前回の相互作用において協力していれば協力する、非協力していれば非協力する」という頑固な行動をとった場合、(i)の選択肢よりも、ESSになるための条件は緩い、すなわち、進化しやすいことを発見する。この結果は、自分の過去の行動は、進化する上で有益な情報であることを意味するが、報復的な行動を個体がとる場合、頑固な行動は一種の報復的な行動である、とみなせることから解釈できる。
URI: http://hdl.handle.net/2433/236966
Appears in Collections:2043 Theory of Biomathematics and its Applications XIII : Modeling and Analysis for Discrete and Continuous Models

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.