Access count of this item: 7

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
shirin_060_4_453.pdf1.66 MBAdobe PDFView/Open
Title: <論説>ハンガリー蜂起とイギリス共産党
Other Titles: <Articles>The Hungarian Uprising and the Communist Party of Great Britain
Authors: 富岡, 次郎  KAKEN_name
Author's alias: Tomioka, Jiro
Issue Date: 1-Jul-1977
Publisher: 史学研究会 (京都大学文学部内)
Journal title: 史林 = THE SHIRIN or the JOURNAL OF HISTORY
Volume: 60
Issue: 4
Start page: 453
End page: 485
Abstract: 一九五六年におけるソ連邦共産党第二〇回大会のフルシチョフ演説とハンガリー蜂起が国際共産主義運動に与えた衝撃は大きくかつ複雑であった。この二つの事件が各国共産党に与えた深刻な影響に関する分析は現代史研究にとって重要な課題であるにもかかわらず、その本格的研究は乏しい。本稿はイギリス共産党におよぼした両事件の波紋を分析したものである。とくにクリストファ・ヒルをはじめとするインテリ党員の態度とそれにたいする党指導部の対応に焦点をあわせて論述し、共産党とインテリの関係を考察する。
Description: 個人情報保護のため削除部分あり
DOI: 10.14989/shirin_60_453
URI: http://hdl.handle.net/2433/238361
Appears in Collections:60巻4号

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.