Access count of this item: 40

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
shirin_063_3_369.pdf2.17 MBAdobe PDFView/Open
Title: <論説>中世的異端の歴史的意義 : 異端教学と荘園制的支配イデオロギー
Other Titles: <Article>The Historical Meaning of the Heresy in the Middle Ages : The Heretical Doctrines and the Ideology for the Manorical Rule
Authors: 平, 雅行  KAKEN_name
Author's alias: Taira, Masayuki
Issue Date: 1-May-1980
Publisher: 史学研究会 (京都大学文学部内)
Journal title: 史林 = THE SHIRIN or the JOURNAL OF HISTORY
Volume: 63
Issue: 3
Start page: 369
End page: 403
Abstract: 法然・親鸞の思想は従来、すべての民衆に来世的救済を約するものと理解されてきたが、それは彼等の教学の根幹が諸行往生・聖道得道の否定にあることを見逃した為に陥った議論である。彼等は諸行行修者の往生を否定 (彼岸の平等の放棄) することによって、階層的宗教秩序の否定=此岸の宗教的平等を主張している。この様な異端教学が成立したのは、宗教的達人集団が同時に荘園領主であり、宗教的大衆が被支配者であるという歴史段階だった為である。宗教領主は殺生堕地獄観で民衆を畏怖せしめ、同時に年貢公事奉仕を仏法興隆の積善行為とすることによって、民衆の解放願望を荘園制的分裂支配の中に封殺していった。それに対し一切衆生の地上的平等性を主張した異端教学は、民衆の封殺された解放願望を社会的背景とする、中世に於ける現実的解放の思想だった。
Description: 個人情報保護のため削除部分あり
DOI: 10.14989/shirin_63_369
URI: http://hdl.handle.net/2433/238555
Appears in Collections:63巻3号

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.