Access count of this item: 20

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
shirin_064_1_37.pdf1.21 MBAdobe PDFView/Open
Title: <論説>唐の南衙と北衙の南司と北司への推移
Other Titles: <Article>Transition from South Ya 南衙 and North Ya 北衙 to South Ssu 南司 and North Ssu 北司 in the T'ang Period
Authors: 曾我部, 静雄  KAKEN_name
Author's alias: Sogabe, Sizuo
Issue Date: 1-Jan-1981
Publisher: 史学研究会 (京都大学文学部内)
Journal title: 史林 = THE SHIRIN or the JOURNAL OF HISTORY
Volume: 64
Issue: 1
Start page: 37
End page: 58
Abstract: 唐の天子を直接に護衛する任に当たる近衛兵は、南衙と北衙の兵であって、南衙は諸衛の兵であり、北衙は禁軍と称せられる兵であった。これを何故に南北衙と称するかと言うに、唐では都城長安の北壁に接して宮城が在り、この宮城の前、即ち南側に皇城が存在し、宮城の後、即ち北側に禁苑が存在したが、諸衛の兵営は、中央の諸官庁と共に南側の皇城内に在り、禁軍の兵営は、北側の禁苑内に在ったから、かく称するのである。この南北衙の近衛兵も、時代が降るに従って、次第にその制度が崩れたり変化して、南衙の兵は姿を消し、北衙の兵は神策軍の一つにまとめられるようになった。しかもこの神策軍は宦官の指揮下に入り、その走狗となって働くのであるが、このように南北衙が変化した後は、南衙には諸官庁の文官達は残っていることとて、これを南司と言い、北衙に残っている神策軍は、これを北司と言ったが、又神策軍は宦官に指揮されているところから、宦官そのものをも、北司と称するようになった。
Description: 個人情報保護のため削除部分あり
DOI: 10.14989/shirin_64_37
URI: http://hdl.handle.net/2433/238599
Appears in Collections:64巻1号

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.