Access count of this item: 34

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
kulr37_23.pdf450.67 kBAdobe PDFView/Open
Title: <Notes>Historical Reduplication in Seediq
Other Titles: <研究ノート>セデック語の歴史的重複語
Authors: Ochiai, Izumi
Author's alias: 落合, いずみ
Keywords: historical reduplication
historical linguistics
nasal substitution
onomatopoeia
Seediq
歴史的重複語
歴史言語学
鼻音代替
擬音語・擬態語
セデック語
Issue Date: 31-Dec-2018
Publisher: 京都大学大学院文学研究科言語学研究室
Journal title: 京都大学言語学研究=Kyoto University Linguistic Research
Volume: 37
Start page: 23
End page: 40
Abstract: This paper discusses two types of historical reduplication in the Paran and Truku Seediq dialects, after which the proto-forms are reconstructed. The analyses are based primarily on Paran Seediq data, which has been found to have two historically reduplicated roots; CəəCV, with identical consonants, and CVCəCVC, with the full reduplication of the CVC. It is possible that in some cases these historically reduplicated forms were onomatopoeic.
本稿はセデック語(オーストロネシア語族アタヤル語群)における歴史的重複語を扱う。セデック語の三つの方言パラン方言とトゥルク方言を比較し、歴史的重複語を再建する。その比較過程における分析も示すが、パラン方言に重点が置かれている。セデック語は三種類の歴史的重複語を有する。一つはCəəCVと再建されうる形式であり、子音が重複している。もう一つはCVCəCVCと再建されうる形式であり、CVCの完全重複より成る。このような成り立ちの語のうち、いくつかは擬音語・擬態語から派生されている。
Rights: © 京都大学言語学研究室
DOI: 10.14989/240977
URI: http://hdl.handle.net/2433/240977
Appears in Collections:37号

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.