Downloads: 71

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
rish_01500_1.pdf1.16 MBAdobe PDFView/Open
Title: <総説>水に代わる低環境負荷媒体とものづくり
Other Titles: Manufacturing with green medium alternative to water
Authors: 奥林, 里子  KAKEN_name
Author's alias: Okubayashi, Satoko
Issue Date: 20-Nov-2019
Publisher: 京都大学生存圏研究所
Journal title: 生存圏研究
Volume: 15
Start page: 1
End page: 6
Abstract: 紙や衣類の製造には、地中海水量の半分以上に匹敵する水が毎年使われている。これら使用された水は、多くのエネルギーを使って処理され排水されるが、一部の地域では浄化されずに川や海に流され、大切な地球が汚染されていることも事実である。さらに、途上国の人口増加や経済発展にともなう水需要の伸びにより、世界的な水不足も心配されている。そのような中、水に代わる次世代媒体として超臨界二酸化炭素が注目されている。本稿では、超臨界二酸化炭素とは何か、基礎的な性質を説明するとともに、ラボスケールでの研究例や産業界での取り組みを紹介する。
URI: http://hdl.handle.net/2433/245056
Appears in Collections:15号

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.