Downloads: 917

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
KJ00004239220.pdf532.99 kBAdobe PDFView/Open
Title: 根太なし合板床の集中荷重時の曲げ性能
Other Titles: Bending Performance for Concentrated Load of Plywood Floor without Joist
Authors: 瀧野, 眞二郎  KAKEN_name
小松, 幸平  KAKEN_name
Author's alias: TAKINO, Shinjiro
KOMATSU, Kohei
Issue Date: 20-Dec-2003
Publisher: 京都大学木質科学研究所
Journal title: 木材研究・資料
Volume: 39
Start page: 56
End page: 65
Abstract: 床組みの際に大引き・梁の上に根太を施工しないで厚物床用合板を直張りする工法の根なし合板床の集中荷重時の曲げ性能を明らかにするため、集成材に構造用針葉樹合板のみを釘着した試験体と構造用針葉樹合板フローリングを釘着した試験体を面材の非接合部ならびに接合部に集中荷重を加力し、荷重-たわみの測定を行なった。構造用針葉樹合板のみの試験体(加力位置非接合部)に対して各仕様を比較すると、構造用針葉樹合板のみの場合、加力位置が接合部になることにより剛性にかなりの低減傾向が認められた。フローリングを釘着した場合、構造用針葉樹合板(加力位置非接合部)にフローリング(加力位置非接合部)を釘着した場合、最大荷重、初期剛性、ならびにスパンの1/300のたわみ時の荷重に増加傾向が認められ、フローリング(加力位置接合部)を釘着した場合は、初期剛性ならびにスパンの1/300のたわみ時の荷重に増加傾向が認められた。また、構造用針葉樹合板(加力位置接合部)にフローリング(加力位置非接合部)を釘着した場合、構造用針葉樹合板(加力位置接合部)と比較すると、最大荷重、比例限度荷重、スパンの1/300のたわみ時の荷重に増加傾向が認められたが、フローリング(加力位置接合部)を釘着した場合は、増加・低減傾向は認められなかった。
Bending performances of a new floor system, which did not have joists but consisted of nailed structural coniferous plywood and glulam beams, were evaluate. The bending performances of the specimens load on non-joints part were bigger than those of the specimens loaded on jointed part. The bending performances of structural coniferous plywood (non-joint part) with laminated floorboard floor (non-joint part) were bigger than those of structural coniferous plywood floor (non-joint part)
URI: http://hdl.handle.net/2433/51374
Appears in Collections:No.39

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.