このアイテムのアクセス数: 1292

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
KJ00000132090.pdf1.85 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: Physical and Economic Change in Bangkok, 1851-1925
著者: Ouyyanont, Porphant
発行日: Mar-1999
出版者: 京都大学東南アジア研究センター
誌名: 東南アジア研究
巻: 36
号: 4
開始ページ: 437
終了ページ: 474
抄録: This paper explains the major patterns of physical change in Bangkok from 1851 brought about by the expansion of canals and roads and the attendant development of new suburbs. From around 1890 we see clearly a change in Bangkok from a water-based city to a land-based city. This paper argues that the period from around 1890 to 1910 is significant in Bangkok's development. One characteristic of road building in Bangkok is that it was accompanied by the active investment of the Privy Purse Bureau in row houses. Roads brought about great change in the physical and economic landscape of the capital from 1890.
記述: この論文は国立情報学研究所の学術雑誌公開支援事業により電子化されました。
URI: http://hdl.handle.net/2433/56692
出現コレクション:Vol.36 No.4

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。