このアイテムのアクセス数: 1751

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
inaba.pdf121.63 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: <特集:モデル> ギブスのカノニカル・アンサンブル : 何に支えられたモデルだったのか
その他のタイトル: <Special Issue: Models> Gibbs's Canonical Ensemble and Its Foundation
著者: 稲葉, 肇  KAKEN_name
著者名の別形: INABA, Hajime
発行日: 31-Jan-2008
出版者: 京都大学文学部科学哲学科学史研究室
誌名: 科学哲学科学史研究
巻: 2
開始ページ: 87
終了ページ: 99
抄録: Ensemble is an important model in statistical mechanics that Gibbs used in his Elementary Principles. Few studies, however, have been made at analyzing his foundational arguments on ensemble. In this article, I compare Gibbs's derivation of the canonical ensemble with that in modern statistical mechanics, and argue that the former is based on mechanical reasoning, while the latter is based on a thermodynamical and quantum mechanical one. What the canonical ensemble represents, therefore, is different in each type of derivation. The modern canonical ensemble represents the probability of a system with a certain energy. On the other hand, Gibbs's canonical ensemble represents how systems of the ensemble distribute in phase space.
DOI: 10.14989/56986
URI: http://hdl.handle.net/2433/56986
出現コレクション:第2号

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。