このアイテムのアクセス数: 3274

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
nakao.pdf95.62 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: <特集:モデル> 人間行動の進化的研究における互恵的利他行動モデル
その他のタイトル: <Special Issue: Models> The Reciprocal Altruism Model in the Evolutionary Study of Human Behavior
著者: 中尾, 央  KAKEN_name
著者名の別形: NAKAO, Hisashi
発行日: 31-Jan-2008
出版者: 京都大学文学部科学哲学科学史研究室
誌名: 科学哲学科学史研究
巻: 2
開始ページ: 75
終了ページ: 86
抄録: The purpose of this paper is to examine the use of Trivers's reciprocal altruism model in the evolutionary study of human behavior. Human behavioral ecologists use the reciprocal altruism model to predict and explain human behaviors. In evolutionary psychology, on the other hand, Cosmides and Tooby use this model not to explain human behaviors but to predict a module for detecting cheaters. I will argue these different applications of the model reflect different construals of the model.
DOI: 10.14989/56987
URI: http://hdl.handle.net/2433/56987
出現コレクション:第2号

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。