このアイテムのアクセス数: 197

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
54_395.pdf5.2 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 泌尿器科領域における術後感染予防に関するアンケート調査
その他のタイトル: A questionnaire survey on the theory of postoperative infection prophylaxis in urologic surgery
著者: 中野, 雄造  KAKEN_name
荒川, 創一  KAKEN_name
田中, 一志  KAKEN_name
梶尾, 圭介  KAKEN_name
善本, 哲郎  KAKEN_name
小川, 隆義  KAKEN_name
吉田, 隆夫  KAKEN_name
三田, 俊彦  KAKEN_name
武中, 篤  KAKEN_name
山本, 新吾  KAKEN_name
島, 博基  KAKEN_name
藤澤, 正人  KAKEN_name
著者名の別形: Nakano, Yuzo
Arakawa, Soichi
Tanaka, Kazushi
Kajio, Keisuke
Yoshimoto, Tetsuro
Ogawa, Takayoshi
Yoshida, Takao
Toshihiko, Mita
Takenaka, Atsushi
Yamamoto, Shingo
Shima, Hiroki
Fujisawa, Masato
キーワード: Postoperative infection
Prevention
Antibiotics
発行日: Jun-2008
出版者: 泌尿器科紀要刊行会
誌名: 泌尿器科紀要
巻: 54
号: 6
開始ページ: 395
終了ページ: 399
抄録: 泌尿器科25施設を対象に, 術後の予防抗菌薬使用状況をアンケート調査した。清潔手術においては17施設で第1・2世代セフェム薬を用いていたが, 日本泌尿器科学会のガイドライン(GL)に沿った術前投与を行っていたのは14施設であった。手術時間は4時間以内がほとんどで, 術中追加投与考慮は2施設のみであった。投与期間は術後2~3日が14施設で, GL通り(手術当日終了)は1施設のみであった。準清潔手術では第1・2世代セフェム薬使用が19施設, βラクタマーゼ阻害剤配合ペニシリン薬が4施設であった。術前のみ予防投与は10施設, 術中追加は5施設であった。汚染手術も準清潔手術と同様の傾向であったが, 第3・4世代セフェム薬使用の施設もあり, 術前・中投与は8施設で行っていた。投与期間は術後7日間が11施設と多く長期化していた。腹腔鏡手術では清潔手術と同様の傾向で, 手技の困難性のため手術時間が長くなることもあり, 術中の追加投与例が多くなっていた。
The implementation of the Japanese guidelines for prevention of postoperative infection in urological surgery, based on the Centers for Disease Control and Prevention (CDC) was surveyed. In October 2006, questionnaires about selection of prophylactic antibiotics, timing and period of administration, were distributed to 25 urologists. Surgical procedures were classified into four categories by contamination levels: 1. clean surgery, 2. clean-contaminated surgery, 3. contaminated surgery (surgery with urinary tract diversion using the intestine), and 4. laparoscopic surgery. Implementation of recommendations was about 70% in the selection of prophylactic antibiotics, and 20-30% for the timing of administration in four categories. Adequate implementation was low for the timing of administration. Period of administration in contaminated surgery was longest in all categories. Concerning the administration period and the selection of antibiotics for contaminated surgery, marked differences from recommendations were seen. Therefore further education in hospitals in Japan is needed.
著作権等: 許諾条件により本文は2009-07-01に公開
URI: http://hdl.handle.net/2433/71695
PubMed ID: 18634433
出現コレクション:Vol.54 No.6

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。