このアイテムのアクセス数: 326

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
54_471.pdf4.37 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 新鮮精巣精子と凍結保存精巣精子の治療成績の比較検討
その他のタイトル: A comparison of intracytoplastic sperm injection outcomes with fresh and frozen-thawed testicular sperm
著者: 公平, 直樹  KAKEN_name
市岡, 健太郎  KAKEN_name
大久保, 和俊  KAKEN_name
植月, 祐次  KAKEN_name
斎藤, 亮一  KAKEN_name
青山, 輝義  KAKEN_name
井上, 幸治  KAKEN_name
寺井, 章人  KAKEN_name
中, 堀隆  KAKEN_name
本田, 徹郎  KAKEN_name
高橋, 晃  KAKEN_name
古手川, 直子  KAKEN_name
高橋, 司  KAKEN_name
著者名の別形: Kohei, Naoki
Ichioka, Kentaro
Okubo, Kazutoshi
Uetsuki, Hirotsugu
Saito, Ryoichi
Aoyama, Teruyoshi
Inoue, Koji
Terai, Akito
Nakahori, Takashi
Honda, Tetsuro
Takahashi, Akira
Kotegawa, Naoko
Takahashi, Tsukasa
キーワード: Testicular sperm extraction
Frozen-thawed testicular sperm
発行日: Jul-2008
出版者: 泌尿器科紀要刊行会
誌名: 泌尿器科紀要
巻: 54
号: 7
開始ページ: 471
終了ページ: 474
抄録: 1997年8月~2006年5月に精巣精子採取術(TESE)を施行した27例(年齢26~44歳)の非閉塞性無精子症(NOA)15例と非NOA12例を初回卵細胞質内精子注入法(ICSI)の際に使用した精子により新鮮精子群18例と凍結精子群9例に分類して比較検討した。新鮮精子群18例中にNOAは11例(61.1%, 平均年齢32.7歳), 非NOAは7例(38.9%, 36.0歳)で, 凍結精子群9例中にNOAは4例(44.4%, 36.0歳), 非NOA群は5例(55.6%, 34.4歳)であった。両群における受精率, 分割率, 良好胚率, 妊娠率, 出生率に差は認めないが, NOAと非NOAに亜分類しての比較では, NOA15例中の新鮮精子群は11例(73.3%), 凍結精子群は4例(26.7%)であり, 受精率, 分割率, 良好胚率において両群間に有意差を認めなかったが, 凍結精子群には妊娠例を認めず, 新鮮精子群では妊娠4例, 出産3例を認めた。また非NOA12例中, 新鮮精子群は7例(58.3%), 凍結精子群は5例(41.7%)であり, 受精率, 分割率, 良好胚率において両群間に有意差は認めず, 妊娠出産は各々1例認めた。NOAに対するICSIには新鮮精子の使用が適しているという可能性については更なる検討が必要であると考えられた。
Testicular sperm can be obtained from patients with non-obstructive azoospermia. However, there is not enough evidence concerning whether fresh or frozen-thawed sperm is better for successful pregnancy. We retrospectively compared initial treatment results of intracytoplasmic sperm injection using fresh and frozen-thawed testicular sperm in our institution. From August 1997 to May 2006, a total of 27 cases including 18 cases using fresh sperm (269 oocytes) and 9 cases using frozen sperm (97 oocytes) were evaluated. In the fresh and frozen sperm groups 33.4 and 32.9%, respectively, developed good quality embryo. There was no significant difference between the two groups in successful pregnancy and birth rates.
著作権等: 許諾条件により本文は2009-08-01に公開
URI: http://hdl.handle.net/2433/71712
PubMed ID: 18697490
出現コレクション:Vol.54 No.7

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。